体脂肪率の減らし方・グラボノイドの効果を薬学の専門家が全解剖!

体脂肪率の減らし方・グラボノイドの効果を薬学の専門家が全解剖!

 

甘草グラボノイドの効果について知りたい人に、その脂肪燃焼および筋肉を増やす効果を解説しています。

 

筋肉のあるメリハリボディを目指しながら体脂肪率の減らし方を探している人には、このサイトがでご参考になるでしょう。

 

以下薬学の専門家である筆者がお送り致します。

 

なぜ?体脂肪率の減らし方として注目されるグラボノイドサプリ

 

体脂肪率を減らすダイエットサプリとしてグラボノイドが注目・評価されています。

 

グラボノイドの特徴は以下の2点。

 

  1. 脂肪燃焼を促す:既にたまってしまった体脂肪を燃えやすくする
  2. 筋肉量を増やす:基礎代謝を上げ、この先体脂肪がたまりにくい体をつくる

 

 

一般的なダイエットサプリの場合は、1の脂肪燃焼を促すタイプがほとんど。

 

2の筋肉量を増やすタイプは、プロテインなど男性に好まれるサプリとして有名ですね。

 

グラボノイドサプリは「脂肪燃焼と基礎代謝の向上」といった両方に働きかける一石二鳥の効果が、評価されている理由なのです。

 

グラボノイドの効果

出典:カネカ

 

グラボノイドサプリはこんな人におすすめ

 

若いころは暴飲暴食して不摂生をしても脂肪がたまることはなかったのに、大人になった今は体脂肪の減らし方すらわからない!と感じる大人は多いでしょう。

 

グラボノイドサプリは、特に次のチェックポイントに該当した場合におすすめです。

 

  • 食事制限してまで無理なダイエットもリバウンドも避けたい
  • 年齢と共に代謝が低下したと感じている
  • 体重が年々微増し続け、中年になった今では10キロ近く増量した
  • 痩せたいけれど筋肉も残してメリハリボディを目指したい
  • 「運動しても減らせない内臓脂肪」の効果的な減らし方が知りたい
  • 会食が多く、食事制限すると相手に失礼だと感じる

 

実際年齢を重ねた大人が体脂肪を付けずにメリハリボディを維持することはむずかしく、上に挙げたチェックポイントはダイエットが上手くいかない人が考える望みの代表例と言えるでしょう。

 

それでは実際にグラボノイドを試した人の本音や評判はどうなのでしょうか?

 

次はグラボノイドに寄せられるクチコミやレビューをとおしてその効果を検証します。

 

 

グラボノイドサプリの体脂肪減少に関するクチコミ・レビュー

 

グラボノイドサプリに寄せられるクチコミやレビューを、テーマごとにご紹介します。

 

着実な効果を実感したクチコミとレビュー

 

男性の肉体美をつくる某有名雑誌にグラボノイドサプリが載っていました。
もともと若い時から脂肪肝と指摘され、カネカのグラボノイドが脂肪肝にもいいと聞いたのが試してみたきっかけです。
脂肪肝にも効果を感じ始めてきたし、起床の重だるさが消えました。
グラボノイドを飲むのをさぼったら、一度減った体重がリバウンドしているので、効果があった証拠だと思っています。
継続って大きいです。

 

定期購入でグラボノイドを2回配送してもらいました。ウエストが痩せ、マイナス4キロです。

 

筋肉をつけながら脂肪を減らしたクチコミとレビュー

 

運動して筋肉が付いたら、重量の多い筋肉のせいなのか体重が減りませんでした。
グラボノイドを飲み始めたら体重が減っています。
男性で筋肉をキープしながら体重を減らしたいと思っている人は多いと思いますが、グラボノイドはちょうどそんな人におすすめです。

 

23%だった体脂肪を減らしたく、1年間フィットネスクラブで筋肉トレーニングを継続。かなり気を使ってダイエット食品を摂っていました。
気を抜いたら、一時は12%まで落ちた体脂肪率がぼーんと16%代に…
完全なリバウンドであきらめかけていたのですが、グラボノイドサプリを飲み始めて体脂肪率の上昇が止まりました。
ストイックもほどほどにしないと疲れますが、グラボノイドのおかげで好きなものを食べながらダイエット効果を期待できるのでほっとしています。

 

加齢とともに思うように体脂肪が減らせないと感じていた人のクチコミとレビュー

 

加齢とともに、肥満体質でないのに脂肪を減らすのが難しくなります。
「運動と食生活が基本で、サポート役がグラボノイド」おそらくこれらの位置付けがいいんじゃないでしょうか。

とりあえず満足しています。

 

運動してカロリーを消費するのが本当は一番なのでしょうけれど、年齢を言い訳に思うように行かないと感じます。
脂肪の上に筋肉がつくられてしまっているのか、腹筋しても内臓脂肪は減らないのです
だからグラボノイドの効果を借りてしばらく続けてみようと思っています。

 

ゆるゆるダイエットだったのに結果が出たクチコミとレビュー

 

夏バテとともに体重が減り、寒くなると肥える動物みたいな体のサイクルをしていました。
今年の秋も例年通り食欲が増しておやつの量も気にせず食べているのに、グラボノイドサプリのおかげなのか、体重は増えていません。
生活習慣が不規則で暴飲暴食が続いても体脂肪は増加していません。
こんな私でもちょっと運動しただけで楽に痩せられると実感しているので、あまり無理したくない人におすすめです。

 

食事制限はしていませんでしたが、グラボノイドサプリを飲んだらぶよぶよだったお腹にやや筋肉が付いてきました

 

 

出典:amazon.

 

 

以上がグラボノイドに寄せられるクチコミやレビューです。

 

気付いたら体脂肪が減っていた、暴飲暴食してもその割には体重も増えない」といった内容のクチコミが多いようです。

 

また一般的なダイエットサプリの利用者は女性が圧倒的に多いですが、グラボノイドサプリの場合は男性の利用者がとても多いようです。

 

それもそのはず、グラボノイドサプリは筋肉を付けながらダイエットしたいと願う男性にとって理想的なサプリだからでしょう

 

上のレビューやクチコミが腑に落ちた場合は、グラボノイドサプリを摂取すると同じレベルの満足感を期待できるのではないでしょうか。

 

 

そもそもグラボノイドって何からできているの?

 

新たなダイエットサプリとして評価が高く、クチコミも多いグラボノイドサプリの原料に関して解説します。

 

グラボノイドは甘草(glycyrrhiza glabra)由来の成分。

 

甘草は漢方の処方のうち7割に配合されているほどの万能薬として知られています。

 

グラボノイドの正式な成分名は、グラブリジン(グラボノイドは呼び名)。

 

現在までグラボノイドは、脂肪燃焼効果と基礎代謝を上げる効果(体温上昇効果)が認められています。

 

これまで甘草からはさまざまな有効成分が発見されており※2、ごく最近になってからグラボノイドが「新しい機能性を持つ成分」として摂取できるようになりました(カネカ研究員の功績による)。

 

2006年アメリカFDAでも以下のとおり甘草由来グラボノイドが新規性ダイエタリー成分(New dietary ingredient)として認められています。
※1 FDAは日本の厚生労働省の位置付けの機関。

 

アメリカFDAのグラボノイドに関するコメント
Glabrinx in clinically demonstrated to safety and naturally reduce totally body fat.
(グラブリジンは安全かつ自然に体脂肪を下げるように促す)

 

また甘草は砂糖の50倍の甘味を持つので、糖質制限しつつも満足感を得たい人のダイエタリー食品しても役立ちます。

 

※2 グリチルリチン酸2K、グリチルリチン酸ステアリルなど

 

もっと詳しく・わかりやすく知りたいグラボノイドの効果

 

グラボノイドサプリを摂取すると脂肪燃焼効果と筋肉の増量効果が相まって体脂肪率を減らし、かつダイエットだけでなくメタボ予防としての効果が期待できます。

 

それでは脂肪燃焼効果と筋肉の増量効果を個別に解説します。

 

 

グラボノイドの脂肪燃焼効果:既にたまってしまった脂肪の燃焼を促す

 

グラボノイドの脂肪燃焼効果は「ミトコンドリア内で脂肪を取りこむ酵素(※1)を活性化させ、ミトコンドリア内でのエネルギー効率を上げる」といったメカニズムです。※CPT- 2と呼ぶ

 

ミトコンドリアのエネルギー消費

 

グラボノイドの脂肪燃焼効果は下記のとおりカネカ フロンティアバイオメディカル研の研究で明らかになっています(※2)。

 

グラボノイドの脂肪燃焼効果

 

内臓脂肪

  • 内臓脂肪を減らす
  • 脂肪のもととなる糖質の吸収を抑える効果(血糖値の急上昇を抑制)

 

肝脂肪

  • 肝臓で脂肪をつくる遺伝子を抑制
  • 肝臓を酸化から守り、機能低下させないように保護

 

 

脂肪燃焼効果は事後処理型、つまり現在既にたまってしまった脂肪の燃焼をサポートする効果です。

 

後述しますが、ダイエットの基本は【摂取カロリー≪消費カロリー】の継続的な状態をつくるのが不可欠。

 

そして次のように運動で筋肉量を増やすと、これから摂取するエネルギーを燃えやすくなるので、太りにくい体の仕組みつくりに大変有効です。

 

 

グラボノイドの筋肉量を増加させる効果:これから摂取するエネルギーが燃えやすくなる

 

プロテインのように筋肉量を増やすつもりで摂取したにも関わらず、体脂肪が増えてダイエットに失敗してしまった女性は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

グラボノイドは既についてしまった脂肪を燃やすだけでなく、筋肉量を増やしてエネルギー効率を上げ、これから摂取するエネルギーを燃焼させる効果があるために、そのようなリスクを避けられるのです※。つまり太りにくい体質に変化させるのですね。

 

グラボノイドの筋肉増量効果に関しても、前述のカネカフロンティアバイオメディカル研(※2)が実証しており、実際に体の引き締まりを感じている人のクチコミをご紹介した通り。

 

またそもそも運動が嫌いな人が筋トレをするのは苦痛でしかないので、脂肪を減らすべく筋肉量を増やすのがおすすめと言われても無理な話です。

 

だから脂肪燃焼効果と筋肉増量効果を持つグラボノイドが評判となるのでしょう。

 

グラボノイドサプリで全てが解説できるわけではありませんが、脂肪燃焼効果と筋肉増量効果の両方があるならば、脂肪の減らし方として有望視できる、そんな感じでしょうか。

 

以上がグラボノイドに期待できる効果の概要となります。

 

ダイエットは根性!などと考えると長続きしませんが、以下のようにダイエットをオートマチックに考え、かつ補助的な位置付けとしてグラボノイドサプリを使うと、辛さが緩和されます。

 

※2カネカ フロンティアバイオメディカル研
グラボノイドの内臓脂肪低減効果および筋肉増量効果

 

 

そもそも体脂肪の減らし方にはどんな方法が?

 

楽して痩せるというと「そんなうまい話があろうか…」と声が上がるでしょう。

 

しかし考えてみると苦しい思いをしながらダイエットするのも嫌です。誰も苦しいダイエットを好き好んで選びたいわけでもないです。

 

ここでおすすめするのは、苦しまずにダイエットするための「王道かつオートマチックな考え」。

 

世の中にさまざまなダイエット法が存在しますが、裏技は通用しません。

 

基礎のない所に裏技をかけても結果は目に見えており、裏技がまぐれで成功したとしても、成功の確率としては極めて低いです。

 

王道と言われる方法を飽きもせずにオートマチックに続けられるかが成功につながります。

 

以下のとおり体脂肪の減らし方として不可欠な点を挙げてみましょう。

 

これぞ王道・体脂肪の減らし方

 

  • 【摂取カロリー≪消費カロリー】この状態を継続する
  • 基礎代謝を上げて眠っていてもエネルギーが消費されるような体をつくる

 

どこでも耳にする体脂肪の減らし方を、いかに理論的に考えてダイエットを成功させるかがカギです。

 

 

摂取カロリーと消費カロリー

 

摂取カロリーと消費カロリーの計算は以下のとおり。

 

【①1日の食事の摂取カロリー】-【②基礎代謝+活動エネルギー】

 

≪①について≫
日本人男性の食事からのカロリー摂取は平均1900kcal、一食あたり600kca強です。

 

≪②について≫
また基礎代謝と活動エネルギーを足し合わせた必要な消費カロリーの平均値は以下のとおり。

 

男性の場合の1日に必要なエネルギー【②】

活動レベル

低い

中程度

高い

30-49歳

2300

2700

3000

50-69歳

2100

2450

2800

 

女性の場合の1日に必要なエネルギー【②】

活動レベル

低い

中程度

高い

30-49歳

1700

2000

2300

50-69歳

1600

1900

2200

 

参照元:日本医師会チェックツール

 

活動レベルに関しては以下を参考

  • 低い…デスクワークや室内で一日を過ごす
  • 中程度…日中良く動く
  • 高い…運動をともなう仕事や、肉体労働など

 

自分がいったい1日にどのくらいのカロリーを摂取しているか、数字で把握するのは難しいかもしれませんが、若いころよりも体重が微増し続けている場合は、食事からの摂取エネルギーの方が高い表れ。

 

【摂取カロリー≫消費カロリー】といった状態が続jくと、余分なエネルギーとして残り、体脂肪が蓄積しやすくなると考えるべきですね。

 

消費カロリーが上回る日が続けば、順調に体脂肪を落とせます。

 

つまり、グラボノイドの効果で挙げた【摂取カロリー≪消費カロリー】の状態をつくり出し、既にたまってしまった体脂肪を燃やす王道のダイエットです。

 

しかし消費カロリーが上回る日をずっと継続するのはそう容易ではないので、脂肪燃焼のサポート役であるサプリに助けられるのですね。

 

 

基礎代謝を上げる

 

基礎代謝とは1日ボーっとしていても消費されるエネルギーです。

 

代謝効率の良い体にすると食べても太らない体質になれます。

 

年齢別基礎代謝

男性

女性

30-49歳

1500

1150

50-70歳

1400

1100

 

日本医師会のデータを一部抜粋

 

グラボノイド摂取しながら筋肉量を増やし、基礎代謝を上げるように作用しますので、これぞ王道・体脂肪の減ら方として挙げた必須項目をサポートする効果が期待できます。

 

いってみればグラボノイドは体脂肪を減らす不可欠な点を補う味方。

 

代謝のよさはめぐりの良さに繋がり、冷えの解消にもなりますので、筋肉量の少ない女性の強い味方になりそうですね。

 

 

体脂肪率を減らすには結局脂肪燃焼と筋肉増量のいずれに比重を置けばいい?

 

ここでこれまで述べてきた体脂肪率の減らし方から、「結局脂肪燃焼と筋肉増量のいずれに比重を置けばいいのか?」をお話しします。

 

体脂肪率の減らし方には脂肪を燃焼させるか、筋肉量を増量させるか、の2つでした。

 

次に同じ量の筋肉を増やすのと体脂肪を減らすのといずれが簡単かを検証します。

 

筋肉を1Kg増やすのと脂肪を1Kg減らすのとどちらが簡単なのか?

 

筋肉はどんなに頑張っても月にせいぜい1㎏しか増えません。

 

体重が60Kg・体脂肪が10Kgの男性が筋肉を1㎏増やすと、体脂肪率の変化は次の通りになります。

 

 

10Kg ÷ 60Kg=16.67%

 

筋肉が1Kg増加

 

10Kg ÷ 61Kg=16.4%

 

体脂肪率△0.27%

 

 

体脂肪率が0.27%減ってしますが、誤差だと思えるような減り方です。

 

一方体脂肪は筋肉のように時間をかけずに減らせます。

 

実際体重を1Kg減らす労力と筋肉を1Kg 増やす労力がどれだけ差があるか、男性なら実感されている方が多いと思います。

 

男性の事例でまたシュミレーションをしてみましょう。

 

 

10Kg ÷ 60Kg=16.67%

 

脂肪を1Kg減らす

 

9Kg ÷ 60Kg=15%

 

体脂肪率△1.67%

 

 

どうでしょうか?先ほどの計算例と比較してみると、筋肉が1kg増えるのと、脂肪を1Kg減らすのとでは、体脂肪率の数値の減り方には違いが出ます。

 

1週間ちょっと忙しくしているとあっという間に1㎏減っているのはざらにありますが、筋肉を増やすには意識しないとできません。

 

やみくもに筋肉を増やすような筋トレだけを行うよりは、体脂肪を減らす事に重きを置きっつつも筋肉量を増やす意識を持つ方がはるかに効率のよいダイエットになるのです。

 

 

男性の場合は食事制限よりも運動したほうがまし、と考える方が多いかもしれません。

 

それでもいいとは思うのですが、消費カロリーを増やべく運動をしても、時間と労力をかけて消費できるカロリーはほんのわずか。

 

次に平均的体重の男性が1㎏の脂肪を減らすには、運動と食事管理のいずれが簡単なのかを検証してみます。

 

1kgの脂肪を減らすには、運動と食事管理のいずれが簡単か?

 

 

1Kgの脂肪を減らすべく必要な運動量

 

  • 1Kgの脂肪を減らすために7200kcalの運動を要し、ジョギングの場合は120㎞の運動量に該当
  • 仮に5キロを30分弱かけて毎日ジョギングすると、24日以上必要となる

 

 

一方無理なく食事を管理した場合はどうでしょうか。

 

例えば40代デスクワークの成人男性が一日に必要とする摂取カロリーは2300Kcal、一日3回食事をするとして一食あたりは約700Kcalの計算です。

 

前述の実際の日本人男性の平均摂取カロリー1900Kcalよりも400kcal上回っているので、仮に一日マイナス400Kcalを目標にしてみましょう。

 

※おおよそカルボナーラやカツ丼が700Kcalに該当

 

 

1Kgの脂肪を減らす食事管理の考え方

 

  • 朝はあっさり目にしてお昼はしっかり、夜は炭水化物を前より少なめにするなどして無理なく食事管理
  • 【摂取カロリー≪消費カロリー】を意識し、摂取カロリーを一日1900Kcalにしたら、18日で-1Kg達成

 

 

無理な食事制限ではなく、余計なカロリーを摂取しない意識を持つと、簡単に400Kcalなど達成できてしまうものです。

 

 

「そんなことを言っても…食欲に負けてつい美味しいものを食べてしまうことだってあるでしょうよ…」

 

これが普通の人の感覚ですが、そんな時に「食べた割には脂肪が増えずに済む」と言うクチコミにるグラボノイドの効果がモノを言うのでしょう。

 

食事管理によるカロリーコントロールは上に示したように運動の効率に比べて楽です。

 

極論これまで解説してきたグラボノイドサプリによるサポートがあれば、コンスタントに体脂肪を減らす見込みが増えると言う事に尽きるでしょう。

 

グラボノイドサプリのその他の有効情報

 

それではグラボノイドサプリのその他の有効情報として、「飲むタイミング」と、「参考になるクチコミ・レビュー」をピックアップしてお伝えします。

 

 

グラボノイドを飲むタイミング

 

グラボノイドをダイエットサプリとして飲んだ人は「効果を最大限に発揮させるタイミング」はいつなのか?知りたい人が多いようです。

 

各社によって1日に摂取する推奨回数も異なりますが、グラボノイドを飲むタイミングが触れられている口コミやレビューをご紹介します。

 

【食後派】血糖値が上昇する朝食や夕食のあとのタイミングにグラボノイドを飲んでいます。
【就寝前派】筋肉の増強効果を期待して就寝前に飲んでいます。筋トレでの疲労の限界レベルが上がりました。
【食前派】食事の直前30分前くらいにグラボノイドを飲むのが一番効果的でした。

 

グラボノイドサプリの説明書に飲み方のタイミングの記載が無い場合もございますので、ご購入者それぞれにベストなタイミングを見つけているようですね。

 

どれが正解とは言えませんが、場合によって上のクチコミを参考にされるのがよいでしょう。

 

 

その他のクチコミとレビュー

 

上に挙げたグラボノイドの効果効能のクチコミのほかに、有益なレビューをご紹介します。

 

【サプリ選びにはメーカーを重視】

 

ダイエットサプリにも同じような効能を謳っているもがありますが、やはりどこの会社が製造しているかを結構重視しています。グラボノイドは長く服用するサプリですので、保存料が添加されず、副作用を含む安全性を管理できる会社が信頼できますね。

 

【飲みやすい】

  • 飲んでみて分かったのですが、体に負担なしで気軽に続けられると思います。
  • サプリが大きいなど飲みにくさで継続できないのが通常ですが、グラボノイドサプリは飲みやすかったです。
  • トウガラシ系の燃焼系サプリだと消化器をダメにしがちでしたが、グラボノイドサプリは安心できます。

 

【効果がわかりやすい】

 

グラボノイドサプリの飲用をやめると調子が悪くなってしまいます。こうした効果は分かりやすいと思う。

 

【着実に効果があるサプリを探していた】

 

長く続けて効果が着実に期待できるダイエットサプリを探していました。グラボノイドはこの目的に合っているし、効果も実感しています。

 

これらのクチコミ・レビューを、これからグラボノイドサプリを検討予定の人に有益な情報としてピックアップしました。

 

そして安心・安全に摂取したいですから、グラボノイドサプリに関する副作用に関する情報も欠かせません。

 

次にクチコミで寄せられているグラボノイドサプリの副作用の情報をご紹介します。

 

 

グラボノイドの副作用

 

グラボノイドの副作用はさまざまな人のクチコミやレビューを拝見している限り(当然ですが)目立った副作用は散見されていません。

 

ごくごくまれな症状として挙げられている点は以下の2つ。

 

  • 便通が進む
  • 頭がちょっと痛む気がする

 

特定の人の特定の症状ですので、これがそのままグラボノイドの副作用として確定する訳ではございません。

 

またこんなレビューも散見されています。

 

甘草は昔から活用されてきた薬効高い作用を持つので安心して飲めるけれど、グラボノイドで効果を実感できるまでには時間は要するでしょう。漢方みたいにじわじわ着実に効くタイプ。だから急に効き目を感じたら逆におかしい。

 

この通りですね。

 

生活習慣が内臓脂肪や体脂肪の蓄積をつくるのですから、長期にわたる生活習慣で見直しが必要なのは当然。

 

「生活習慣で体脂肪を改善していく」これが基本で、グラボノイドサプリは長期戦の生活習慣の見直すためのサポート役として位置付けるのがおすすめです

 

 

機能性食品としてのグラボノイド

 

グラボノイドは機能性表示食品です。

 

機能性表示食品とはサプリの販売会社が個々の責任で科学的な根拠を示し、消費者長官に届けられて販売されます。つまり機能表示食品は届け出制

 

「食品の効果・機能性を分かりやすく表示して選択肢を増やす目的」で2015年にスタートした新しい規格です。

 

そしてグラボノイドサプリは特保ではありません。

 

特保は商品ごとに国による審査を要し、許可を得た上での販売が義務付けられています。つまり特保は許可制

 

特保の方が厳重な審査を要しますが、それだからといって機能性表示食品が劣るわけでもないのです。

 

機能性食品か、特保かはメーカーの考え方にもよります。

 

体脂肪を減らすサプリグラボノイドサプリランキング