メルカリ転売・取引中相手のメッセージが怖い|対処方法教えます

更新日:

メルカリって安く仕入れて転売するにも、家の不用品を処分するにもとても便利なアプリですよね。

「欲しがっている人がいる・商品の状態や価格で納得される」という条件が揃えば購入されるというシンプルなビジネスモデルなので、副業などで転売を始める人が多いです。

取引がスムースに進んで売れた・購入できた、というのが一番理想的ですが、とにかくいろんな人がこのアプリを使っているので、理想どうりに進むパターンばかりではありません。

この取引相手、メッセージ正直怖いんですけど」「こんな怖いメッセージ送ってくる取引相手、もう二度とゴメン。」というパターン、中にはあるんですよね。

この記事ではメルカリの取引相手のメッセージが背筋凍るほど怖いという場合の対処法を場合分けしてお伝えしています。

blank
ヒカル
こんなはずじゃなかったのに・・・というパターンはあります。感情的になった相手は「正直手の施しようがないくらいヤバい状態」です。まともに相手にしてはいけませんよね笑

ご参考ください。

メルカリ転売で怖い思いあるある・パターン別の対処方法

 

取引中、購入者側のメッセージが怖い

「自分が出品者で、メルカリに出品していたものが購入された」という場合。

出品者の自分がどう考えても悪い場合と、購入者次第で出品者が怖いメッセージの猛攻撃を受けるかもしれない場合とに分け、それぞれ例と対処法をお伝えします。

■出品者の自分がどう考えても悪い例:とにかく誤りを認めて謝罪

商品そのものと、メルカリでの商品説明が異なる

例)商品は書籍の第3版、商品情報は第一版と記載していた

対処法:商品発送前の場合は、事情をメッセージで購入者に伝え、取引のキャンセルを行う。
誤りに気付かずに発送してしまった場合は、購入者に取引メッセージで伝えて取引をキャンセル、かつ問い合わせフォームで事務局に連絡。購入者に商品を着払いで返送してもらうか、「大変お手数ではございますが、商品を破棄いただきたい」と伝える。


上の例の場合購入者は怒って取引メッセージで罵倒してくるかもしれません。

身銭を切ったのは購入者、たとえ数百円であってもものすごいけんまくで不必要に怖いメッセージを送り付けてくるパターンもあるでしょう。
※額に比例して怒る怒らない、というわけでもないかもしれませんが

怖いかもしれませんが、とにかく謝るしか術はなし。

商品と商品説明が異なるので取引が完了することはなく、評価をされることもないと思いますので穏便に切り抜けましょう。

メルカリ事務局も間に入ってもらって仲裁してもらうこともできます。

あまりに怖いメッセージを送り付けてくる場合は、メルカリ事務局に「取引メッセージをご確認ください。こちらに誤りがあったことは申し訳ないが、メッセージの内容は行き過ぎている。もうこの取引相手とやり取りをするのは無理。事務局にお任せしたい。」などと上申してみるのも手です。

■購入者次第で出品者が猛攻撃を受ける例

発送方法を変えて商品を送ったことがきっかけで爆発される

例)実は定形外郵便で割安発送できそうなので、商品情報に表示していたメルカリ便(宅急便)を変更して送る
商品情報に記載していたメルカリ便の発送方法を定形外に変更する場合は匿名配送が使えず、購入者の住所や名前をメッセージ内で聴く必要があります。取引相手によってはこれを不満に思うケースがあります。

対処法:メッセージ内で以下のように伝えます。
「メルカリ便でお送りするとお伝えしておきながら申し訳ありません。定形外で割安で送れるようでしたので、もしよろしければ定形外でお送りさせていただけたら幸いです(定形外でご了承いただける場合はお手数ではございますが、ご住所お名前をお知らせいただけますと助かります)。
しかしながら私の表示ミスでしかございませんので、もしお嫌ということでしたら、表示通りのメルカリ便でお送りいたします。
もし可能ならば、で全く構いません。最後まで安心・ご満足いただけるお取引ができるように致したいと思っております。」など。
※いきなり「定形外一択」にせず、購入者が選ぶ形にするとよい。


上の例の場合は、購入者次第で不快をあらわにしたメッセージが送られてきます。

「定形外でい~ですよ~。」という柔和な対応をしてくれる購入者に当たったらいいですが、

「定形外で配達途中に商品がつぶれないという保証でもできるんですか?つぶれたときに弁償してもらいますがいいでしょうか?発送方法が変わって不安な取引だったと評価に書きますがいいですか?」

などといきなり怖いメッセージがやってくる可能性もあります。

blank
ヒカル
頑丈なものだったら定形外でもいいんじゃないの?というのを容認する人とそうでない人がいます。後者は怒り狂って一度だけでなく、取引の終わりまで終始怖いメッセージですね笑。陰湿なタイプが爆発すると止まらない。

もっと怖いのは、「住所も名前も教えておきながら、評価で散々な酷評をするタイプ」の購入者でしょう。

こういう陰湿なメルカリ購入者に当たってしまった場合は、本当に外れくじ引きます。

もし、評価で「悪い」を付けてほしくないならば、メッセージの中だけは良心的に対応しましょう。

 

取引中であっても、「この購入者ヤバい。なんか取引嫌になってきた」と思ったら、購入者をブロックしてもOKです。

ブロックの仕方は、購入者のメルカリプロフィールを表示させて右上にある「…」のマークをタップして「ブロック」にするだけ。

トラブルがあった取引は引き続き取引画面中でメッセージのやり取りができるので、取引に支障も問題ありません。

他の商品に怖いコメントなどされたら、迷惑なのでさっさとブロックするほうがまだましと考えときましょう。

購入前のコメントが怖い

メルカリの出品にもいろんなスタンスがあります。

「とにかく現金化したいので、破格で売る」「値引き交渉ウエルカム」「「値引きはしません」などなど。

blank
ヒカル
やりとりを楽しみたい、利益は特になくていい、と考える人もいます^^自由ですよね。

メルカリでの売買は基本出品者のルールに従うのが前提。

商品やその価格に満足できなければ引き渡しをしなければいいだけだからです。

このため出品者は「商品情報はありのまま画像や文字で伝えますので嫌だったらほかで購入してくださいね」と言うことができます。

たいていは商品情報かプロフィールにそうした情報を掲載するわけですが、見ていないか見逃しているのか、見ているけれど自分の独自のルールをぶち込もうとしているのか「出品者のスタンスから外れている購入前のコメント」をする人はいます。

購入前のコメントで独自のルールをぶち込んでくるパターンは送料についての要望や値下げの2パターンでしょう。

例えばこんなです↓

この商品、どこにでも売られているのにほぼ定価っておかしくないですか?値下げしてください。

blank
ヒカル
普通に値下げをお願いします、の方がよほど印象いいと思うんですけどね笑

上のコメントは出品者側としては謎なコメントかと思います。

値下げもして出品しているとしたら応答に困ると思うんですが、「上のような珍コメント」はあるあるです。

 

珍コメントを防ぐために以下のように対処するのをお勧めします。

■商品情報またはプロフィールに下のような情報を記載して対処

  • 誠心誠意対応します。追加で別角度の写真をご希望の方はコメントにてお知らせください。
  • 値下げ不可と書いているにもかかわらず値下げ要求コメントをする人のコメントはスルーします、など

■出品者側のルールに従っていないコメントへの対処方法

削除(コメントの右側にゴミ箱マークが出てます。これをタップします)

 

上のようにしておけば、トラブルや面倒は回避できます。

ただし「出品者である自分のルールに何が何でも従ってもらう」となるとただの暴君で印象が悪いので、「誠心誠意対応する」というような趣旨の一文を入れましょう。

そのうえで「ルールを守らない人については相手しませんよ」、と言っているだけなので何の問題もありません。

 

メルカリだけでなく、基本モノ売りは「売りたくない相手には売らなくていい」ので、気にしなくてOKなんです^^

 

取引中、出品者側のメッセージが怖い

以下は友人のメルカリでの取引メッセージを見せてもらった怖い事例です。※友人が購入者

例)商品情報を見誤って購入、迷惑がかかると思って受け取りして取引を終わらせた。すぐに転売商品としてメルカリに出品したのが出品者の逆鱗に触れ、執拗に出品者から怖いメッセージを送り付けられる

「間違って購入したら受け取り前にキャンセルすればよかったんじゃないんですか?」

「購入金額よりも高値で売ってるとかあり得ないです。」

「数回のメッセージをやりとしているのに間違いで購入したことに気付かないなんてありえなくないですか?」

「商品として掲載している商品情報に『誤ってメルカリで購入した』と今すぐ書いてもらいます。」

【評価でのコメント】こちらの商品は私から誤って購入したそうです。商品として掲載され不愉快でした。

blank
ヒカル
おおこわ・・・。キャンセルしろって・・・否定しても肯定してもブチ切れられそうな気配"(-""-)"

上の例の場合は、「取引相手に迷惑が掛からないように『間違って購入したけれど受け取りしている』」のですから、メッセージの内容はかなり行き過ぎているように思います。

メルカリで転売するのはもう普通。売買が正常に成立すれば出品者はその後どう使われるか?までは何か力を行使できる権限なんてどこにもないんですが、上の例は「商品情報に誤ってメルカリで購入したと書け」と命令されてて、半端ない怖さです。

対処法としては、「オーバーヒートし過ぎた取引相手には事務局に仲裁に入ってもらう」、です。

ただし、評価で悪いをもらいたくない場合は、「メッセージ内だけでもせめて印象をよくする=相手のせず『全部自分が悪い』」というような取引メッセージを送るべきです。

ヤバい・・・こんなパターンがあるから気を付けて

先ほど「定形外で送るために相手に住所を教えてもらう」というようなパターンをお伝えしました。

送料が割安になる場合は、そのメリットを活用したいならそれでもよしとすべきなんですが、以下のような「相当怖いデメリット」もありますから気を付けましょう。

  • 住所をたどって逆恨みしに来る
  • 家に来られる

まあ連絡なしに来られると怖いですよね・・・

ピンポーン、「はいどなたですか?」

「あの、以前メルカリで取引した○○です。話あります」

って怖すぎですよ・・・(*´ω`*)

この場合の対処法は、事務局に「迷惑行為」として連絡、そして警察に「住居侵入」として連絡してOKです。

 

こうしたパターンも本当にあるようですので、メルカリ便の匿名配送というのはある意味とても安全なんですよね。

メルカリってもっと平和でハッピーな世界であってほしいんですが、最近私も敢えて匿名配送を使うことが多いです"(-""-)"

 

安全にメルカリで転売をしたい、という場合は比較的顧客層が良質な商品を選ぶのがおすすめ。

以下は高額品だけを扱う転売の教材となってます。ご参考されてみてはいかがでしょうか。

顧客層が良質なら、怖い取引メッセージはない:高額商品転売の教科書

 

ご質問があれば以下で登録して何でも聞いてくださいね(^-^) blank 上で登録して下さった方にはECサイト初心者が「まず5万円稼ぐためのノウハウをまとめた無料プレゼント」を贈呈しています(^-^)

無料のメルマガ講座&プレゼントとは何か?

blank ご質問があればご遠慮なくどうぞ。

     内容をご確認いただいてからチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

    -ネットビジネス一般

    Copyright© サラリーマンのアフィリエイト副業 , 2020 AllRights Reserved.