アフィンガー6とトールを比較・本当に正直すぎる「どっちがいい談」

人気ワードプレステーマアフィンガー6とトールを使用感や機能性で「ファクトベース」で比較しています。

操作性・広告表示のしやすさ・表示速度・デザイン性・目次機能・ランキング機能・タグ管理機能・アップデート状況・サポートなど、ワードプレステーマに求められる主要な要素を比較していますので、アフィンガー6とトールのどっちを購入すればいいか迷っている人はご参考ください

熊谷ヒカル
どっちがいいかをはじめに正直に言うならば、アフィンガー6です。
シロクマ
どっちも人気ワードプレステーマだけあって高評価が多いですが、忖度なく言えば過剰な評価が多いのがトールです。

この記事の信頼性

  • アフィンガーは2017年から使用・5年超使用
  • 2022年2月15日現在の2022年の累計実績349万円(とあるASP)
  • 専業IT業・「販売を追求し尽くす専業ブロガー」
  • 多くのジャンルでのアフィリエイト経験から、「アフィンガーだけ売ってるブロガー」とは違い、多様なジャンルに対応できる

【熊谷ヒカルの15大特典付き】アフィンガー6ご購入

正直な話しかしないアフィンガー6とトールの比較談

私は2017年からワードプレスでインターネットビジネスをスタートしました。

特にワードプレステーマについてよく思うのは、インストールして実際に使ってみないことには本当のことはわからないという点。

無料テーマは無料テーマなりにそれなりの機能になりますし、有料テーマは正直なところ有料ゆえに「やっぱりいいな」と思う機能が搭載されています。

熊谷ヒカル
「これはさすがに無料では手に入らない」という感じが有料テーマです。

使ってみないことにはわからないものの、まだワードプレスの有料テーマを購入していない人に向けて、デモサイトなども設置してイメージできるようにしました。人気ワードプレステーマアフィンガー6とトールのどっちがいいのか?よくご覧になって選んでくださいね^^

それではさっそく機能比較をメインにお伝えして行きます。

スライダー機能

  • Affinger6:
  • THE THOR:

アフィンガー6対トールの比較ポイント

スライドショーの数では言うまでもなくアフィンガー6が多いですが、それにとどまらず好きな場所に挿入できる「タグから挿入するカテゴリ一覧スライドショー」があるところがイチオシポイント

トールはバリエーションがかなり乏しいです。

ワードプレステーマでスライダーが実装できたらかっこいいですよね^^ ここ最近はもうワードプレステーマにマストくらいな重要な機能になりつつあります

アフィンガー6とトールでさっそく比較してみましたのでご参考ください。

アフィンガー6のスライダー的な機能は4通り

①ヘッダーエリアで複数の画像をスライドショー的に表示

アフィンガー6「ヘッダー画像エリア」のカスタマイズ方法・分からない事絶対解決できる!

続きを見る

②ヘッダーエリアでおすすめのカテゴリを記事スライドショーとして表示

アフィンガー6の記事スライドショー・初心者でもヘッダーで一際目を引くカスタマイズ

続きを見る

③タグから挿入するカテゴリ一覧スライドショー

アフィンガー6「タグから入れるスライドショーカテゴリ一覧」をウィジェットに表示させる方法

続きを見る

④ヘッダーエリアでのサムネイルスライドショー

アフィンガー6 サムネイルスライドショー(ヘッダー下)の基本設定とカスタマイズ方法

続きを見る

トールのスライドショー的な機能は1つだけ

トールカルーセルスライダーデモサイト

ココに注意

トールのカルーセルスライダーはヘッダー下限定のスライダーとなっています。(アフィンガー6での”④ヘッダーエリアでのサムネイルスライドショー”に該当)1個のスライダーが実装されたトールにメリットを見出し難いような気がしてなりません。

アフィンガー6公式サイト

ランキング機能

  • Affinger6:
  • THE THOR:

アフィンガー6対トールの比較ポイント

サイトの評価では「ユーザーに良質な選択肢を提供する」という点が重視されますので、ランキング機能も結構重宝されます。

ランキング作成機能に関しては、アフィンガー6とトールでそれほど大差はありません。

機能はほぼ同じとなっています。最下部に表示されるボタンのデザインや、王冠のイラストのデザイン程度の違いで、アフィンガー6とトールでほぼ同じようなランキングが作成できるようです。

【ランキング機能の簡単外観比較】

▼アフィンガー6のランキング外観

▼トールのランキング外観

【ランキングのデモページ】

ランキング機能については以下ランキング用のデモページを作成してみましたのでご参考ください。

アフィンガー6のランキングデモページ

トールのランキングデモページ

 

近差でアフィンガー6がより機能としていいなと思ったのが、「アフィンガー6ランキングページではnofollow設定ができる」といった所でした。

アフィンガー6ランキングページのnofollow設定

これは、トールでもやろうと思えば手作業でやれる設定かもしれませんが、手作業だとミスもありますのであると便利だなと思いました。

熊谷ヒカル
nofollowタグは、リンク先にドメインジュースを渡したくないときに設定します。

むしろ後述アフィリエイトタグの管理機能で、「トールはやや有利」だと思います。

装飾機能

  • アフィンガー6:
  • トール:

アフィンガー6対トールの比較ポイント

装飾機能に関しては圧倒的な数の多さと、ほぼ無限大といって良いほどのカスタマイズの豊富さで、アフィンガー6の圧勝という意外なかったようです。

ワードプレステーマにおいて装飾機能が充実していると、以下のようなメリットがあります。

充実していると何がいい?ワードプレステーマ装飾機能のメリット

  1. コンテンツが圧倒的に見やすくなる
  2. 独自の装飾機能を設定(独自のCSS設置)する必要がない
  3. ②によって余計なCSSを設定する必要がなく、ページの読み込み遅延も起こりずらい

具体的にアフィンガー6とトールの装飾機能を比較すると以下の通り。デモサイトですべての装飾を書き出していますので参考にされてみてください。

アフィンガー6とトールの装飾機能メリット・デメリット比較

【アフィンガー】装飾機能良い点・悪い点

【メリット】

  • リンクボタン:コードで背景色・文字色・ウエブアイコンなどがカスタマイズできる
  • 吹き出し:管理画面で画像設定は8つまで設定可能。設定してしまえば都度画像と名前の変更は不要
  • ボックスデザイン・テキストパーツ:豊富、コードで背景色・文字色・ウエブアイコンなどがカスタマイズできる
  • トータルで見て装飾のバリエーション数が圧倒的∞に多い

【デメリット】

口コミ・レビューボックス:トール程充実していない(が、囲み枠のバリエーションはトールよりも数十倍充実している)

アフィンガー6の装飾機能を全て紹介【クラシックエディター編】

続きを見る

アフィンガー6ユーザー男性の口コミ

誰もが通る道かもしれないけど、装飾は多過ぎてどうやっていじればいいのかわからなくなった。

【トール】装飾機能の良い点・悪い点

【メリット】

口コミ・レビューボックス:レビューサイトを作成するにはいい装飾

【デメリット】

  • リンクボタン:背景色と文字色は一括変更。個々にカスタマイズできない
  • 吹き出し:カスタマイザーでの画像設定は2個。投稿画面で画像と吹き出し登場人物の名前を変更すると2個以上可能。(都度画像と名前の変更が煩雑)
  • 装飾のバリエーションが圧倒的に少ない

https://thethor.site/demopage/parts/

トールユーザー男性の口コミ

トールの装飾機能についてはそこそこいいのはわかったけれど、別にこれといって「絶対トールがいい」という感じでもない。

コンテンツの読みやすさはかなり重要です。
装飾機能があることで「注意したい内容なのか?」「おすすめポイントを述べている内容なのか?」などと視覚的直観的に伝わりやすく、装飾機能のバリエーションがあればあるほどコンテンツはわかりやすさが増します。

デザイン

  • Affinger6:
  • THE THOR:

アフィンガー6対トールの比較ポイント

デザインに関しては、サイトの評価で「レイアウトに関する評価」があります。コンテンツの見やすさなどに繋がるので決して過小評価できません。

この意味でトールにもいいところはあるものの、総合評価でアフィンガーのデザイン性が勝るようです。

デザイン性については以下の点でアフィンガー6とトールを比較してみました。

  • ヘッダーエリアのカスタマイズ自由度
  • 見出しのカスタマイズバリエーション
  • 既成デザインのバリエーションやオシャレ度
  • 装飾機能の充実度・バリエーション・カスタマイズの自由度

①ヘッダーエリアのカスタマイズ自由度

  • Affinger:
  • THE THOR:

アフィンガー6のヘッダーエリアカスタマイズ

アフィンガー6のヘッダーエリアでは、5パターンの表示が可能になっています。

  • ヘッダー画像
  • 複数のランダム表示
  • ヘッダー画像ウィジェット
  • 記事スライドショー
  • ヘッダーコンテンツ
5種ある!
アフィンガー6「ヘッダー画像エリア」のカスタマイズ方法・分からない事絶対解決できる!

続きを見る

ヘッダー画像に関してはトリミングが当たり前のごとくできるようになっていて便利です。

トールのヘッダーエリアカスタマイズ

トールのヘッダーエリアについては、アフィンガー6にあるような5パターンのカスタマイズは一切できないようになっています。

しかもトールでヘッダー画像のトリミングはできません。中央で自動的に上下の両端がトリミングされる仕様になっています。

熊谷ヒカル
トールはヘッダーエリアのカスタマイズの時に驚愕してしまいました。なかなか厳しいヘッダーエリアだと思います。

②見出しの色・形のバリエーションとカスタマイズの自由度

  • Affinger6:
  • THE THOR:

アフィンガー6の見出しは、以下の通りカスタマイズの幅はほぼ無限大にあります。

アフィンガー6の見出しカスタマイズ機能


  • 12個のデザイン
  • 左の余白調整
  • 上下の余白調整

  • 文字中央寄せ
  • 幅100%
  • 角丸
  • 横グラデーション

  • 背景画像設定
  • 背景画像横位置(左・中央・右)
  • 背景画像縦位置(上・中央・下)

見出しに背景画像を設定できるというのは「無限に好きに設定できる」ということになります。

アフィンガー6の見出しカスタマイズの基本は①と②の組み合わせで48パターンが生成できますが、こだわりたいとなった時はお好みで見出しをカスタマイズできる仕様になっているので便利です。

シロクマ
色に関してはカラーパレットから直感的に選べるようになってます!
熊谷ヒカル
見出しの左や上下の余白調整ができるのは「よくぞそれをやってくれました」という感じです笑。

トールの見出しカスタマイズ機能

トールの見出しは以下のように「h1~h5までの見出しタグをそれぞれ55パターンカスタマイズできる」ようになっています。

シロクマ
トールの見出しの色に関してもカラーパレットから直感的に選べるようになっていますよ!

③既成デザインのバリエーションやオシャレ度

  • Affinger6:~
  • THE THOR:

アフィンガー6やトールでは、公式サイトで「既にデザインされたデザイン」がユーザー向けに無料配布されています。

熊谷ヒカル
いずれもZIPファイルをダウンロードしてワードプレスでアップロードするだけの簡単操作です!
シロクマ
正直に言うと、この既成デザインはそれほど期待したほどの何かは得られません苦笑! ですが、初心者さんなどはあったほうが安心する機能だと思います。

アフィンガー6のデザイン済みデータ

アフィンガー6では「デザイン済みデータ」として公式デモサイトと同じデザインがワンクリックで実装できるようになっており、現在は計13個(デフォルト用5個+EX用5個+JET用3個)となっています。

アフィンガーのデザイン済みデータはPOP・かわいい・クール・おしゃれ・洗練性、といったように幅広いデザインがあります。

熊谷ヒカル
とは言え、多くの人が購入している人気ワードプレステーマなので「似たり寄ったりなデザイン被り」はもう必須ですよね苦笑

以下は1時間以内の即興でオリジナリティ高いアフィンガーブログが出来上がるカスタマイズ方法となってますので参考にされてください。

超おすすめ
アフィンガー6のおすすめカスタマイズ方法・7つの項目でまずはブログが1時間で完成形に!

続きを見る

トールのデザイン着せ替え機能

トールでは「デザイン着せ替え機能」なる機能があり、現在は9個のバリエーションがあります。

トールのデザイン着せ替えについては、クール・おしゃれなデザインが多いです。


④装飾機能の充実度・バリエーション・カスタマイズの自由度

前述の通りとなります。

  • Affinger6:
  • THE THOR:
熊谷ヒカル
特に装飾機能に関してはアフィンガー6の圧勝だと思います。ここまで豊富なバリエーションがあるワードプレステーマはなかなかないかなと。

おすすめ記事一覧の作成

  • アフィンガー6:
  • THE THOR:星1個以下

アフィンガー6対トールの比較ポイント

おすすめ記事一覧は、PVの増加や内部リンクによる評価が得られやすいなどいいことづくめ。

アフィンガー6のおすすめ記事一覧のレパートリーの多さでこの点についても圧勝となりました。

アフィンガー6のおすすめ記事機能

アフィンガー6では「この記事をおすすめしたい!」と思った記事を「記事一覧」として表示させる場合は以下のように6つの方法があります。

①アフィンガー6「おすすめ記事一覧機能」

アフィンガー6のおすすめ記事一覧基本設定とカスタマイズ・どこに表示するとPVが伸びるか

続きを見る

②おすすめ関連記事としてのカード型リンク

アフィンガー6ブログカードのカスタマイズ・世界一豊富なカスタマイズ説明

続きを見る

③ヘッダー下に表示するヘッダーカードリンク

アフィンガー6のヘッダーカードリンクのカスタマイズ方法・出来立て記事のPVを増やす施策にグッド

続きを見る

④ヘッダー下に表示するサムネイルスライドショー

アフィンガー6 サムネイルスライドショー(ヘッダー下)の基本設定とカスタマイズ方法

続きを見る

⑤タブ式のカテゴリ一覧

アフィンガー6のタブ式カテゴリ一覧・トップページ下と任意の場所でおすすめカテゴリの閲覧を促そう

続きを見る

⑥タグから挿入して任意の場所に表示させるカテゴリ一覧スライドショー

アフィンガー6「タグから入れるスライドショーカテゴリ一覧」をウィジェットに表示させる方法

続きを見る

用途に応じておすすめ記事一覧として投稿ページを紹介できるようになっているのがアフィンガー6です。

トールのおすすめ記事機能

一方、トールの記事紹介機能は、以下のデモサイトで紹介している通りショートコードから挿入する「カテゴリ指定記事一覧」といった機能だけとなっています。

https://thethor.site/demopage/parts/

トールの場合はカテゴリIDと表示記事数を指定するだけの記事紹介機能のみ。

ココが残念

記事紹介機能についてもトールは厳しさを感じずにはいられません。

アフィンガー6と比較すると、トールはメリットを探す方が難しいと言えます。

目次機能

  • Affinger6:なし(table of ontents plusの使用が想定されそのカスタマイズ機能が実装されている)
  • THE THOR:あるがかなり微妙

アフィンガー6対トールの比較ポイント

コンテンツに合わせて目次のカスタマイズが豊富にあるほうが便利です。この意味でトールの目次は機能を絞り過ぎて使いずらい、という評価になりました。

アフィンガー6の目次機能

アフィンガー6には目次機能がありませんが、以下のようなプラグインtable of contents plusの使用が想定され、そのカスタマイズとして以下のように「すごいもくじ」という機能が実装されています。

▼すごい目次の設定画面

アフィンガー6のすごいもくじでは目次のカスタマイズが17項目あり、目次を自在にカスタマイズできるようになっています。
※table of contents plus自体13項目+アフィンガー6で17項目=計30項目

トールの目次機能

一方トールに実装されている目次のカスタマイズ項目はたったの4項目だけ…

THE THORの目次機能

  • 目次を表示するかの選択
  • 目次表示のための最小見出し数指定
  • 見出しのレベル指定
  • パネルをデフォルトでクローズ
    ※投稿ページにしか目次を挿入できない仕様

上の通り極限までに最低限の機能が絞り込まれてるのがトールの目次機能です。

これもあってややトールの目次機能については以下のような口コミ・評判も散見されます。

トールユーザー男性の口コミ

結局目次はトールの標準装備の目次は使ってなくてtable of contents plusをインストールして使うようになりました

トールの場合、目次の挿入位置や、投稿ページ・固定ページなどどこに目次を挿入するかの選択・見出しのテキスト自由入力などは最低限カスタマイズしたいところですが、それもないとなればかなりきついです。

熊谷ヒカル
目次のカスタマイズ機能が4個だけとは、正直本当にトールはキッツいと思いました。絶句です。
シロクマ
ぶっちゃけ上の口コミのようにトールでtable of contents plusのプラグインをインストールした方がよほどいいのではないのかな?

アドセンス広告表示機能

  • Affinger6:
  • THE THOR:

アフィンガー6対トールの比較ポイント

サイトの目的や内容に合わせてアドセンス広告の貼り付け位置や数が調整出来るのが理想、ややアフィンガー6が利用しやすさで上回りました。

アフィンガー6のアドセンス広告設置機能:合計11個

【PCスマホ共通広告】

  • インフィード広告
  • 336PX (A)・(B)
  • AMP用
  • インフィード広告(3パターン)
  • 見出し前に設置
  • 自動広告(非表示設定あり)

【スマホ用アドセンス広告】

  • アドセンスのスマホ
  • 上部のみ
  • 記事下のみ
  • フッター

【PC用アドセンス広告】

投稿記事上

アフィンガー6のアドセンス自動広告に関しては、下のようにどのページで非表示にするかも設定できるので、かなり融通が利くようになっています。

熊谷ヒカル
アドセンス管理画面では記事毎に非表示設定できますが、アフィンガー管理画面で上のような操作が出来たら楽ですよね^^

トールのアドセンス広告設置機能:合計7個

▼インフィード広告の場合の設定

【PC用アドセンス広告】
  • ワイドレイアウト
  • カードレイアウト広告
  • ノーマルレイアウト広告

【スマホ用アドセンス広告】

  • ワイドレイアウト
  • ノーマルレイアウト広告

▼記事内広告の場合の設定

  • hタグのどこに挿入するか
  • 記事下用ダブルレクタングル広告(左か右か)

トールに関しては、以下のように「収益を追求するための機能にこだわったシステム」がかなり強調されています。

しかし、収益化システムに関しては、トールユーザーの口コミで結構辛口な内容もあります。

トールユーザー男性

収益化システムが売りのようだけれど、むしろ足りないと思う。とてもインターネットビジネス実践者に配慮したワードプレステーマとは思えない。

アドセンス広告の貼り付け方はよくZ型が理想的と言われます。

「初めのH2タグの直前・サイドバー・記事中・記事下」というようにアドセンス広告を配置するといいと言われているのです。

熊谷ヒカル
しかしアドセンスの自動広告をOnにしてると「ここで表示させるってどうなの?」と思うパターンは結構あります。
シロクマ
自動広告表示の融通のなさに根負けしてもう本当に固定した場所で控えめに広告表示すればいいやとなることも。

究極サイトブログの運用によってアドセンス広告の貼り方は万別なので、貼り付け位置のバリエーションが豊富にある方がなおよいと考えてみましょう!

表示速度

  • Affinger6:
  • THOR:~

アフィンガー6対トールの比較ポイント

表示速度はサイトの評価のかなりの加点ポイントです。実際に表示速度を計測して、トールはそれほど早くないと実感しています。

表示速度に関しては、横幅2000px × 縦幅1300pxの大き目な画像を6枚アップロード・添付したデモページ(意図的に重いページを作成)を作成し、

アフィンガー6とトールのそれぞれのサイトでのモバイル版のページスピードインサイトによるスコアを以下の通り比較してみました。

アフィンガー6:97(翌日の計測は95)

  • アフィンガー管理のLazyload機能をON
  • ほかプラグインによるLazy load読み込み機能無し

 

:トール:77(翌日の計測は72)

  • トールの「画像の非同期読み込み機能」をON
  • トールのPWA機能をON
  • ほかプラグインによるlazy load機能なし

速度計測のデモページ

アフィンガー6の方は、このサイトでデモページを作成しています。100ページ以上コンテンツがあるのでこの影響で重たくなるかなと思いきや…

コンテンツが全くない「トールのサイトのデモページの方が結果的に表示速度が遅い」、といった結果になりました。

※翌日もう一度計測しても同等の結果

熊谷ヒカル
意外や意外で試してみないと分かりませんね。

上の表示速度のテストは一例ですので全てが上のようになるわけではないと思いますが、「トールは画像の非同期読み込み機能やPAW機能をONにしても表示速度が早いとは言えず、別途遅延読み込みプラグインなしに済むわけではない」と言えそうです。

なお、トールの会員サイトでは以下のように説明されています。

PWAの機能に強力なキャッシュがあるので、キャッシュ系プラグインは不要

またトールの公式サイトには以下のように「90以上のスコアが当然」と言ったように書かれていましたが、実質は結構寒い気がします。

シロクマ
トールの場合「画像の非同期読み込み機能」と「PWA機能」の両方をONにしてスコアが70台は厳しいの一言

キャッシュ機能は当然画像にも機能が及ぶはずですなのですが、トールのキャッシュ機能の効果は思ったよりも低い、というのが表示速度についての使用実感になります。

タグ管理機能

  • Affinger6:
  • THE THOR:

アフィンガー6対トールの比較ポイント

標準で装備されているトールが無条件に良いと思えます。

アフィンガーのタグ管理プラグインは有料となっていたようですが、今現在はアフィンガー6の購入者に無料で配布されているようですので機能的にはトールとほぼ同じものが入手できます。

アフィンガー6のタグ管理機能

アフィンガー6本体にはトールのようなタグ管理機能はありませんが、有料プラグインでほぼ同じ機能が入手できるようになっています

アフィンガーのタグ管理機能プラグインは以前は有料で、しかもお高めと評判でもありました。

いつ有料プラグインになってしまうかは分かりませんが、そうした場合無料のプラグインAdRotateというプラグインをインストールすればクリック数やクリック率などタグ管理ができます

AdRotat

出典:webantena.net

シロクマ
AdRotateは画像タグが埋め込まれた一般的なASPのタグも利用できるよ!
熊谷ヒカル
インストールしてほぼ同じ機能になるならまずま図という感じでしょうか。

トールのタグ管理機能

トールのタグ一覧では以下のようにクリック数やクリック率が表示されるようになっています。

熊谷ヒカル
トールの一番秀逸な点はこのタグ管理機能かもしれません。

THE THOR公式サイト

クリック率はデータによってタグを張り替えたりコンテンツの改善をしてCVにつなげられるので、タグ管理機能はあった方がいいと言えます。

タグ管理機能については2022年6月現在アフィンガーもトールも互角な感じでした。

アップデート:バグの修正をしているかなど

  • Affinger6:
  • THE THOR:

日々進化し続けるインターネット技術に対応すべく、ウエブサイトもそれに追いつく機能を兼ね備えていなければなりません。

ワードプレステーマも進化し続けなければならないのが宿命。バグなどの修正を行わなければユーザーが実質的に困って利用者が離れて行くことに。よって有料テーマの場合は当たり前のように不具合解消のためのバージョンアップなどが行なわれています。

以下はアフィンガー6とトールのサイトにログインしてダッシュボードに表示されているお知らせで、ここでバージョンアップなどの情報が掲示されています。

更新頻度で「バグなどの不具合にどれだけ即対応しているか?」の目安になるのではないでしょうか?

 

▼AFFINGERのお知らせ

▼THE THORのお知らせ

更新頻度の間隔

この記事を執筆しているのは2022年5月月末。

アフィンガーは更新頻度の間隔がタイトで、直近までかなりこまめにバージョンアップが行なわれているようです。

トールの場合は2021年12月でバージョンアップが止まっており、2022年の6月現在に至るまで半年間は更新は行われていません

トールユーザー男性

不具合が多いんじゃないかと思う。カスタマイザーが表示されなくてえっつ?って感じでした。

トールユーザー男性

ワードプレスのアップデートをするとセットでトールの不具合が起こる。

熊谷ヒカル
ちなみに私自身は、投稿記事の「アイキャッチの設定らん」が突然消えていました。表示オプションも何もいじってないんですが、ここまで評判通りに超天然にバグが起きると笑えましたけれど…

ご参考までにですが、トールの会員サイトには以下のようなプラグインをインストールすると不具合が起こりやすいというようにアナウンスされています。

トールと相性のよくないプラグイン

  • キャッシュ系プラグイン全般
  • all in one SEOなどのSEO系プラグイン
  • 特に相性の良くないプラグインはJetpack

【参考】Jet Packの表示速度への影響

マニュアル会員サイトやサポートの充実性

  • Affinger6:
  • THE THOR:

はじめに言ってしまうと、アフィンガーとトールは購入者に対するメール個別サポートはほぼ無いといって良い状態です。

ほかは会員サイトに関しては以下のような特徴があります。

アフィンガー6 トール
メールによる問い合わせ × 対応していない △ WPにトールを設置するまでのサポートはあり。それ以降は対応してない。
会員サイト
実績のあるワードプレスだけあり多くのユーザーが使っているため、検索すればヒントがウエブ上にあるという意味でトールよりもアドバンテージがある。


会員フォーラムによる質疑応答がある。この点はアフィンガーよりはメリットあり

アフィンガーは購入者からの問い合わせを受け付けていません。

トールは購入者を会員フォーラムやQ&Aへ促している形です。

アフィンガーユーザー女性の口コミ

マニュアル見てようやくアフィンガー管理がどこにあるのかわかった笑

トールユーザー男性の口コミ

マニュアルが少なすぎるし、あったとしても簡単に説明しすぎて意味がわからないし、新しい説明が追加されていないみたいなので、改善する気もないんだと思う。幸い他のブロガーさんが書いてくれているからなんとかなるけれど。

Affinger6とTHE THORの正直一言レビュー

ファクトベースでアフィンター6とトールの機能や操作性の比較をしてきました。

ここからは私熊谷ヒカルが2つのワードプレステーマを使ってみての正直な一言レビューをしたいと思います。

Affinger6 アフィンガー:価格と機能の充実性からして極めてコスパが良い

商品・ワードプレステーマ名 Action アフィンガー6
販売会社名 株式会社オンスピード
総合評価 ★★★★★
価格 税込14800円
デモサイト

装飾機能のデモページ

公式サイト

アフィンガー6公式サイト

アフィンガー6ユーザー女性の口コミ

やりたいことが後から後から湧いてくる感じ。前より格段に記事がレベルアップした気がする。

インターネットビジネスをスタートした2017年一番初めに購入したワードプレステーマがアフィンガー4でした。

機能がありすぎて初心者にはやや難易度が高いと言われがちですが、「慣れ」に尽きる問題です。

インターネットビジネスの専業になっている今、慣れたら「使える機能が充実していた方がいいに決まっている」と言えます

どう頑張っていい所を探そうにも、アフィンガー6の方が「価格・機能が充実してコスパが良い」としか言えません。

熊谷ヒカル
女性の口コミにあったように、使っていてモチベーションが上がるというのがとても重要ですよね。『使いずらい』となるとログインすらしたくなくなりますから。
シロクマ
「ちょっと記事投稿して後は放置して収益化できる」みたいにレビューしてる人いるけど、サイトは絶対メンテナンスが必要なのでそれは絶対間違いです。

THE THOR トール・正直すぎてゴメンなさい、あまりいいと思えませんでした

商品・ワードプレステーマ名 THE THOR トール
販売会社名 フィット株式会社
総合評価 ★★★
価格 テーマandサポートプラン 税込16280円
ラクラクサーバーセットプラン 税込30140円
デモサイト

トールデモサイト

THE THOR公式サイト

アフィンガーに慣れきってしまった経験からトールを使ってみて思うのは、「あまりに機能があっけなさ過ぎて本当に驚いた」というのが正直な感想です。

熊谷ヒカル
本当にカスタマイザーだけで終わり??? 「アフィンガー管理」のような管理画面はないの?が初めの正直な感想です。
シロクマ
作業してみてアフィンガーにはある機能のバリエーションがトールには実装されてなくて「かなりキツイ!」という印象だったなあ

アフィンガー6がある中でトールを使う理由は、「タグ管理など限定的な機能だけ」ではないかと思うほど。

今回アフィンガーとの比較のためにトールというワードプレステーマを購入してみましたが、正直トールはそれほど魅力を感じられませんでした。

以下の男性の口コミは結構真実を物語ってるように思います。

トールユーザー男性の口コミ

ブログの評価が上がったなどという声も聴きますが、トールを導入すれば必ず稼げるなんてことは絶対ないです。ただ、まともな記事が適切に情報が検索エンジンに伝わっているだけだと思う。(←ご自身の力)

まともなコンテンツがないとそもそも評価されません。トールは内部のSEO対策などがしやすいという環境を用意してくれますが、それは「良質なコンテンツあってのお話し」という感じになります。

結局アフィンガーとトールのどちらがおすすめと言えるか?

ワードプレステーマという土俵でアフィンガーとトールを並べるのがこの記事のテーマで、当然機能と価格のような商品情報を並べて比較せざるを得ないわけですが…

ポイント

トール自体、他のワードプレステーマを度返しして価格付けしている印象です。「私たちは自分たちに誇りを持っているので付けたい価格にしている」、そんな印象です。

別にそれがだめだという訳でもないですが、選ぶ側にすれば機能や価格を比較していいと思った方を購入するしかありません。

ココがポイント

「事実ベース」で検証した結果正直勝負は詰んでいるのではないかと思われました。

熊谷ヒカル
アフィンガー6の圧勝です。

しかし何をどう評価するか?人それぞれ考え方は違いますので、デモサイトなども参考にされながら自分にあったWPテーマを選んでみてくださいね^^

アフィンガー6のご購入と当サイトオリジナル15大特典

熊谷からのアフィンター6ご購入特典の詳細はこちら

当サイトからのご購入者には収益5万円になるまで質問し放題のサポートを含む豪華15大特典を贈呈していますので、どうぞご活用ください。

熊谷ヒカルからのアフィンガーご購入15大特典

特典②~⑦は72000文字超!の超豪華ボリューム

  • 特典①アフィンガー6裏技的使い方①
  • 特典② アフィンガー6裏技的使い方①
  • 【ブログに収益の激流を起こす完全マニュアル】
    特典③ 準備編
    特典④ 作業編
    特典⑤ アクセスアップ編
  • 【ノウハウをコンテンツ化して収益化する完全マニュアル】
    特典⑥ 準備編
    特典⑦ 作業編
    特典⑧ アクセスアップ編
  • 特典⑨⑩ 動画&音声コンテンツ
  • 特典⑪ 動くアニメ付き!画像素材100点
  • 特典⑫ シンプル素材315種
  • 特典⑬ デザイン画像素材セレクション
  • 特典⑭ メルマガ
  • 特典⑮ 無期限メールサポート 収益5万円迄

 

端的な比較情報

ほか以下のように機能比較を表にしてみましたのでご参考ください。

Affinger6 THE THOR
LP
ほぼ同じようにLP化できる
ランキング作成機能
ほぼ同じようにランキング作成できる
アドセンス広告設置機能 〇11パターン 〇7パターン
カテゴリページの自由度
カテゴリページトップにコンテンツ追加可能
タグ管理機能
有料プラグインあり。他無料プラグインでタグ管理機能が使える

アフィリエイトリンクなどどのタグのクリック率がわかる
AMP × グーテンベルクとの相性が悪く6から未登載に
アクセス分析設定 ×
この機能を搭載すると読み込みにかなり影響するのでなくていいと思う

トールではページごとのアクセス分析ができるようになっており、この統計が人気記事として表示される。
※本気で表示速度が遅くなります。
表示速度 △思った以上に高速表示できない
アップデート
グーテンベルク対応 ×

操作のしやすさ

  • Affinger6:
  • THE THOR:

トールはグーテンベルク対応ではありません。なんと、ボタンを挿入するためにわざわざクラシックエディターを起こさないといけない仕様になっています。

これについてはユーザーができることはないので、トールの操作性については半分以上あきらめるしかなさそうな気がします。

トールユーザー男性の口コミ

正直トールは褒められすぎだと思います。世間の評判程、このワードプレステーマは抜群にいいってわけじゃない。アフィンガーの方とかDIVERとかまだいいWPはある。

熊谷からのアフィンター6ご購入特典の詳細はこちら

 

  • この記事を書いた人

熊谷ヒカル

2017年からインターネットビジネスを始め、いろんなジャンルの特化サイトを構築してきました。


現在はブログ初心者さん向け・同じような志を持つ人に教えながら特化サイト構築を両立しています。


2022年のとあるASPでの実績は349万円(「2022年の累計実績」・2月15日現在)、詳細は下記よりどうぞ。