アドセンス広告が配信されないときの対策・アドセンスポリシーを再確認しようのメールが来ても問題ない?

投稿日:

ヒカルです(^-^)

アドセンス広告は売り込まずして広告収入が入るので、アフィリエイトサイトやブログで導入するとアクセスに応じての収益が上がるので楽だというのが定説になってます。

しかしふと自分のサイトを見た時に突然アドセンス広告が消えていたら焦りますよね。

私がそうでした。アドセンスの審査が通り、広告も正常に貼れたつもりでいたのに、しばらく様子を見ても「どのページにもどこにも広告が配信されていない!これはヤバいですよ汗(;'∀')」といった状態になっていたんです。

しかもG mailには「アドセンスポリシーの確認をしてください」といったメールまで来ています。

思わず「おっ?もしかしたら私は何かグーグル様のお気に召さないことでもしちゃったの?」と思ってしまいました。でも全ては何も問題なかったんです(^-^;

ここでは

  • アドセンス広告が配信されない場合の対処法(ワードプレスの場合)
  • G mailに通知される「アドセンスポリシーの確認をしましょう」のメールの詳細

をお伝えして行きますので、困ったときに参考にしていただければと思います。

 

アドセンス審査合格後 5日目にサイトから広告が消える

私は3つのアフィリエイトサイトをいずれも1日で合格させました。

その時のレポートは以下のページで書いています。

収益のレポートなどを数日間眺めてみて、アドセンスも悪くないなあ…と思っていたのも束の間で、5日後に私のアフィリエイトサイトからアドセンス広告はなぜか消えており、たたりかと思いました

跡形もなく消えていたアドセンス広告、自分のサイトに何か問題があって配信されなくなったのかなあ?と思っていたら翌日こんな通知がG mailに来てたんですよね( ;∀;)

広告が配信されなくなった翌日、グーグルから通知がやってきた

アドセンスポリシーを確認しようメール

グーグルから来ていたG mailへの通知は「アドセンスポリシーを再確認しましょう」といったタイトルでした。

「誰にとってもアドセンスが安全なサービスとなるようにご協力ください」と続いています。

なんかやっちゃったんだよね?終わってる…6日目にしてヤバいですよ( ゚Д゚)

アドセンスポリシーとは以下のとおりなんですが…

  1. 自分で自分の広告をクリックしない
  2. 閲覧者に広告のクリックをお願いしない。
  3. もともと掲載できない内容をコンテンツに含めない
  4. 広告コードを勝手に変えない
  5. 閲覧者に価値提供できるウエブサイトである
  6. ユーザーファースト
  7. 広告を過度に貼り付けない
  8. 誤解を招くような画像を配置しない

思い当たる節?はないと言えばないですが「あるでしょ!これですよこれ!」と言われたら「そうですか」と答えるしかないくらい程度でしたね。

しかもアドセンスの管理画面上には「アドセンス広告に問題が発生していますが、エンジニアが解決しようとしています。」と英語で表示されていました。

どっちに問題があるのかわからない…といった状況が数日続きましたが、でも心配は不要でした。

このG mailへやってくる「アドセンスポリシー再確認を促す通知」はみんなに配信されているんですよね。

また以下では私が試してうまくいったアドセンス広告が配信されないときの対処法をお伝えします。

アドセンス広告が配信されないときの対策

アドセンス広告が配信されなくなっていた私のサイトはワードプレスで作成されたものに集中していました。

ここではワードプレスでアドセンス広告が配信されない場合の対処法をお伝えしようと思います。

まずはアドセンス広告が配信されないときの対策前に、以下3つを確認しました。

広告が配信されないときの対策の前に確認したこと

  • アドセンスコードは「合格通知」が来てから本当に<head>タグ内に貼り付けているか?
  • 閲覧データを削除できているか
  • アナリティクスとの連動は済んでいるか

この3つが確認出来たら以下を試してみました。

①まずはワードプレスプラグインadvanced Adsをインストールします。

このはアドセンス広告の配置や設定などがワードプレス管理画面からできるおすすめプラグインです。

インストール出来たらプラグインを有効化します。

②左端のメニューに「advanced ads」のタブができました。このうち「広告」をクリックすると以下のような画面が展開されいます。

③次にこの画面で「新しい広告」のタブをクリックすると、以下のような画面が展開されます。広告の名前に任意で名前を付けてみましょう。ここではアドセンス広告2としてみました。

④次に広告タイプの中からプレーンテキストとコードを選び、「次」のボタンをクリック。

すると以下のように「広告パラメーター」を入力する画面が出てきます。ここではアドセンスから配布される「アドセンスコード」を貼り付け、また「次」のボタンをクリックします。

⑤次にadvanced Adsのメニューから「配置」をクリックし、以下の画面が展開されたら「配置の新規作成」を押します。

⑥すると、アドセンス広告を配信する位置を選ぶ選択肢が出てきます。

  • <head>タグの間
  • <body>タグの間
  • 記事の先頭(ページヘッダー)
  • 記事の末尾(ページフッター)
  • 記事の中
  • サイドバー

いずれか希望する配置を選び、任意の名前を付け、先程新規作成した広告名を選択、「新しい配置を保存」にします。

これでワードプレスの場合のアドセンス広告が配信されないトラブルの対策は完了です。

サイトでアドセンス広告があるかどうかを確認してみれば、なんの問題もなかったと実感するはずです。

 

ワードプレスプラグインadvanced adsの使い方はもっと様々な方法がありますが、ひとまずこのプラグイン導入と設定後すぐに自分のサイトでアドセンス広告が確認できると思います。

まとめ:アドセンスはほったらかしでも収益が上がるから、対処は早い方がいい

アドセンス広告が配信されない場合の対策をお伝えしました。

アドセンス管理画面で対策としてやれることが無くなってしまった時に、「ワードプレスでプラグインをインストール」すれば瞬時に広告が配信されるようになります。

アドセンスで収益をふやすためにはできるだけ早めに対策するしかありませんよね。

疑心暗鬼になっている場合ではないんです。

 

 

このサイトではインターネットビジネスのお宝情報満載のメルマガを配信しています。ご質問がありましたら下記で登録して下さればお答えしますのでどうぞ~~

-アフィリエイト
-, ,

Copyright© サラリーマンのアフィリエイト副業 , 2019 AllRights Reserved.