WPザ・トールのフッターCTA設定

 

トールのフッターCTAの全貌

トールのフッターCTAは、call to action :閲覧者の行動を呼び起こすエリアです。

以下のように6つからなる要素からなっており、収益UPなどサイトの目的が達成しやすくなっているつくりなのです。

トールのフッターCTAの要素

  1. 背景画像
  2. アイキャッチ画像
  3. 見出し(CTAの大まかな内容)
  4. 本文(CTAの説明)
  5. ボタンリンクテキスト(CTAの概要)
  6. ボタンリンクURL(CTAを促すページへのリンク)

シロクマ
デモサイトでは、サイトの最下部を見てね↓

フッターCTAのデモサイト

トールのCTAエリアは、かっこよく決まるとユーザーにアクションを促しやすくなりますが…

実はかなり難易度が高い

です。

これについてCTAエリアの設定のコツをお伝えして行きます。

①・②激ムズなアイキャッチ画像と背景画像について

一番難しいのは、背景画像とアイキャッチです。画像の組み合わせによってはCTAエリアがかなり残念な状態になってしまうのでご注意を。

私の検証では、背景画像とアイキャッチの横幅の割合は以下の通りになっています。

背景画像とアイキャッチの横幅表示の比率

背景画像:アイキャッチ=6:4

①背景画像

②アイキャッチ

私が背景画像とアイキャッチをいろいろ組み合わせていたところ、かなりダサい組み合わせになってしまうパターンもありました。

やってみるとかなり難易度が高い設定だし、究極背景画像だけでも成り立つので、アイキャッチ画像なしでも構わないと思います。(アイキャッチはクリックできる類のものでもないので)

 

設定場所

外観<カスタマイザー<共通エリア設定<フッタートップエリア設定(CTA)<フッターCTAの設定<アイキャッチ&背景画像のアップロード<フッターCTAを表示<公開して保存

③・④見出しと本文の入力

背景画像とアイキャッチが決まったらほぼそれで行けるのですが、トールのCTAエリアの設定を難しくさせるのは見出しと本文の入力です。

下のように見出しと本文の位置は左寄り上部に固定されており、しかも文字色は白なので、この位置と色が成り立つ背景画像にするのが前提となります。

上の文字の位置あたりが画像がごちゃごちゃして文字が見えにくくなるパターンもあるはずです。これを想定して背景画像を選ぶ必要があります。

これは、サイトのイメージやテイストに合わせて画像を選ぶしかないです。

設定場所

外観<カスタマイザー<共通エリア設定<フッタートップエリア設定(CTA)<フッターCTAの設定<見出しと本文の入力<公開して保存

 

熊谷ヒカル
私自身は1時間ほどアイキャッチと背景画像と見出しや本文と格闘してようやくまともな状態にいたりましたー
シロクマ
CTAは行動を促す場所、ここがカッコ悪いと閲覧者は絶対に行動起こせないもんねw

⑤・⑥ボタンリンクテキストとボタンリンクURL

トールのCTAエリアは見出しと本文の直下に、リンクボタンとリンクテキストが配置されるようになっています。

熊谷ヒカル
見出し本文が背景画像と相性よさそうだったら、リンクボタンとリンクテキストはほぼ難なく設定できると思います。

設定場所

外観<カスタマイザー<共通エリア設定<フッタートップエリア設定(CTA)<フッターCTAの設定<リンクボタンテキスト&URLの入力<公開して保存

リンク先のURLは、メルマガ登録フォームページなどにしておけばいいのではないでしょうか

熊谷ヒカル
ほかサイトごとにCTAのポイントがあると思いますので、いい感じのCTAに仕上げてくださいっ!

画像のマスクの選択

トールのCTAエリアの背景画像には、以下のようなマスクがかけられるようになっています。

 

▼ブラックメッシュ

▼ブラック

▼カラー

▼カラー+画像グレー

設定場所

外観<カスタマイザー<共通エリア設定<フッタートップエリア設定(CTA)<フッターCTAの設定<画像のマスクを選択<公開して保存

トールのCTAエリアの設定は以上で完了です。

【背景画像とアイキャッチ】と【見出しと本文の位置と白文字】の相性によるところが大きく、これが決まればほかの要素は難易度高くありません。

いろいろ試してかっこいいCTAエリアにしてみてくださいね。

人気ワードプレステーマ・トールとアフィンガー6を比較して収益性をUP!

トールに並ぶ人気ワードプレステーマアフィンガー6の場合は、トールにはない機能が膨大にあり、サイト運営者の収益性をUPさせる最強ツールです。

よかったら下記も参考にしてみてくださいね。

おすすめ
アフィンガー6とトールを比較・本当に正直すぎる「どっちがいい談」

続きを見る

  • この記事を書いた人

熊谷ヒカル

2017年からインターネットビジネスを始め、いろんなジャンルの特化サイトを構築してきました。


現在はブログ初心者さん向け・同じような志を持つ人に教えながら特化サイト構築を両立しています。


2022年のとあるASPでの実績は349万円(「2022年の累計実績」・2月15日現在)、詳細は下記よりどうぞ。