情報商材の人気ジャンルを独自調査、情報商材を販売してきた私が言えるジャンル選定のポイント

情報商材のプラットフォームで一番有名なインフォトップの検索機能で独自調査どんなジャンルの情報商材が売れているのかをご紹介します。

ここでは情報商材の人気ジャンルについてランキング形式でお伝えして行きます。

情報商材の人気ジャンルランキング

まずは以下3点をお伝えして行こうと思います。

  • 出版数が2000を超えている超人気の情報商材ジャンル
  • 出版数が1000を超えている人気の情報商材ジャンル
  • 超人気とは言えないけれどスマッシュヒットは狙えるジャンル

出版数2000を超える超人気情報商材ジャンル

出版数が2000を超える情報商材のジャンルは、稼ぐ系と言われるジャンルです。いわずもがななところがありますが以下がそのランキングになります。

  • ★★:出版数が2000を超えている超人気の情報商材ジャンル
  • ★:出版数が1000を超えている人気の情報商材ジャンル

ビジネス・稼ぐ系

  1. 自作の情報商材による収益化★★
  2. アフィリエイトのノウハウ★★
  3. 転売★★

投資

  1. FX★★
  2. 株★
  3. 仮想通貨
熊谷ヒカル
特にFXの情報商材はよく見かけますし、インフォトップの営業マンと話しているとやはり売れていると聞きます。

ココに注意

需要のないジャンルで出版するよりも人気ジャンルで自作の情報商材を出版した方が明らかに売れるのですが、数が多いだけあって埋もれる可能性は避けられず、差別化が必須なジャンルと言えましょう。

ココがポイント

人気ジャンルの中でまずは小さくユーザーの信頼を獲得していくことをイメージしてみるのがおすすめです。

出版数が1000を超えている人気の情報商材ジャンル

稼ぐ系の情報商材よりは少ないけれど、根強い人気があるのが、以下恋愛・健康・資格などのジャンルです。

★:出版数が1000を超えている人気の情報商材ジャンル

コミュニケーション

  1. 恋愛★
  2. コミュニケーション

これらのジャンルについては、ジャンルの性質上著作権者のメールサポートなどがセットになった情報商材が多かったように思います。

熊谷ヒカル
私も恋愛系の情報商材を購入したことがありますが、メールサポートは異次元レベルの精度と効果でした。書籍を読むだけじゃ絶対にこの効果は得られないと思いました。
シロクマ
そう、本当に役立つ情報商材もあるから。世間の情報商材への風評などよそにしていいものもあるんだよね。。

お悩み・健康美容

  1. 健康★
  2. ダイエット
  3. 生活の悩み

語学・自己啓発

  1. 語学★
  2. 自己啓発
  3. 資格

語学や自己啓発系のジャンルは、情報商材で提供できる学習環境に相性が良いですよね。

このジャンルの場合も、メールでの質問をサポート内容に含めて販売されているケースが多かったようです。

出版数が1000以下だけれどスマッシュヒット系

以下は出版数が1000以下だけど、スマッシュヒットとなっている情報商材のジャンルです。

インターネット・アクセスアップ

  1. ブロブ・ライティング
  2. SEO・リスティング
  3. SNS

スポーツ・趣味

  1. スポーツ
  2. 趣味

ココに注意

これらは、スマッシュヒットだからと言って決して売り上げが期待できないという意味ではありません

ココがポイント

ブロブ・ライティング・SEO・リスティングなどのジャンルは1000に近い出稿数になっており、インターネットビジネスという性質上、情報商材との相互性が良いので売り上げも期待できます。

情報商材を4つ出版してきた私が言えるジャンル選定のポイントと経験談:「人気ジャンル×実力×売り方作り方」

情報商材を4つ出版してきた私が言える経験談としてポイントを挙げるならば「人気ジャンル×売り方作り方×実力」次第といった点です。

人気ジャンルを選べば放っておいても売れるという訳ではないことは知っておきましょう。

これがどういったことを言うのかをお伝えして行きますので参考にされてください。

人気ジャンル

情報商材のジャンルと売り上げについて以下のようにお伝えしていました。

  • 人気ジャンルであれば確かに売れやすいが、多くの商品の中で埋もれないための差別化は必然
  • 超人気ジャンルではなくてもスマッシュヒットを狙えるジャンルはある

しかし、超人気ジャンルではないけれど驚くほどの実績が出せるジャンルもあります。

例えば、ペット関連。これは人気ジャンルとは言えないけれど、インフォトップではこのジャンルで数億売り上げた商品もあるとか。

熊谷ヒカル
ペットのしつけとかそういった切り口です。

作り方売り方次第

情報商材の作り方・売り方は表裏一体の特徴があり、そしてターゲットの取り組みやすさと伝え方に配慮する必要があります。

それは以下①と②の匙加減です。

①商品と販売ページの表裏一体の特徴

  • 人の役に立つ良質な情報商材を作成するのが大前提
  • 販売ページでも商品の特徴をわかりやすく説明するのが必須・そもそもないような機能を販売ページに盛り込むのはあり得ない

+

②ターゲットの取り組みやすさと伝え方

  • どんなにマジメに情報商材を作成しようと、ターゲットが取り組んでみたいと思えるやり方を教材で教えないと、それだけで販売の機会はなくなる
  • 販売ページでターゲットが取り組んでみたいと思える伝え方(伝わりやすさ)をしないと、それだけで販売ページを離脱される

ココがポイント

この①と②の匙加減が必須なのは、以下の記事でお伝えしているように「ターゲットは自分にできそうなことしかお金を払わないから」です。

「歩いて富士山に登ればご褒美をあげる」と言われたところで登山初心者は物怖じしかねず、「8合目まで車で行って頂上を目指してもいいよ」と言われたら乗り気になる人は増える

情報商材の作り方・今まで4つの情報商材を出版した私が言える現実的な体験談

続きを見る

ココに注意

①と②の匙加減を”情報商材の作り方と売り方”において調整すれば、実績は違ったものになります。

▼関連記事

情報商材の売り方・今まで4つの情報商材をリリースしてきた私が言えるポイント

続きを見る

あらゆる意味の実力

以下の記事でお伝えしているように、情報商材の売れ行きは本当に実力次第

情報商材というビジネスモデル・種類を知って横断すれば収益は格段に伸びる

続きを見る

そのジャンルについて実績・経験があるというのは言うまでもなく、以下のような要素が兼ね合うことにより売れ行きが左右されるのです。

この3つ、経験を積むしかなくないですか?

  • 情報商材の作り方売り方・プロモーションの仕方の経験値
  • どのような情報商材だったら人が喜んで購入するのかを熟知している
  • ニーズをキャッチして商品化する巧みさ

私自身もインフォトップで20万円を出して情報商材の7億の実績がある販売者の商品を購入したことがありますが、おそらくこの経験が無かったら自分自身の情報商材の実績も違ったものになっていただろうと思います。

実際に王者の売り方を身を持って体験したことで「こうやって展開すればいい」というのが実感で分かったのは大きかったです。

私自身下の実績のように段階を踏みながらステップアップして行ったので、経験を積んで実力を伸ばすしかないと言うのが鉄則になりました。

私の販売実績&情報商材販売について詳しく知りたい人に

私熊谷ヒカルの2022年3月現在の情報商材の販売実績は「準備期間から428万円の実績が立つまで」たったの2ヶ月での数字です。

▼とあるASPの2022年の実績

前年の2021年は1年で252万円の実績でした。

▼とあるASPの2021年の累計販売

4つの情報商材をリリースしてきた経験を、「ワードプレステーマアフィンガー6のご購入特典」としてお渡ししています。

ノウハウをWEBコンテンツ化して収益化する方法

残念ながら特典単品だけの販売はしておりませんが、アフィンガー自体かっこいい販売ページを制作するためにぴったりのワードプレステーマと言えますし、

15000円以下でWPテーマも充実した特典コンテンツ(情報商材の作り方や売り方の詳細)もご覧いただけるので「損はさせない」と言えるだけの自信はあります。

よかったら上のページをご覧になってみてくださいね^^

情報商材をリリースしたいという意思が固いご購入者には、私も経験を生かして本気で相談に乗らせていただきます。

これを見てくれているあなたにとっても「いきなり100段飛びは無理」と正直に断言します。

ココがポイント

自分の得意ジャンルと、購入者のメリットが同時に叶うか検討されてみてくださいね。

 

 

お問合せ

*は必須項目です *お名前またはニックネーム *メールアドレス (確認用) *お問合せ(文字数制限なし) Powered by FormMailer.

ただし、法令違反・公序良俗に抵触するご質問には一切お応えしません。

 

  • この記事を書いた人

熊谷ヒカル

2017年からインターネットビジネスを始め、いろんなジャンルの特化サイトを構築してきました。


現在はブログ初心者さん向け・同じような志を持つ人に教えながら特化サイト構築を両立しています。


2022年のとあるASPでの実績は349万円(「2022年の累計実績」・2月15日現在)、詳細は下記よりどうぞ。