FX Beyondの出金拒否の実態・利用規約に反しなければ出金できるのでは?

 

FX beyondは出金拒否するのか?その実態を探るために、以下をお伝えしていますので、これから口座を予定している人は参考にされて下さい。

  • Twitterでのユーザーによる発言
  • 一番問題になりやすい利用規約46.3
熊谷ヒカル
結局利用規約に反する取引を行わない限り、FXbeyondで出金拒否は起こりえないのではないでしょうか。

この記事の信頼性

  • 10年の証券会社勤務経験あり
  • 多様なジャンルのインターネットビジネスを手掛ける専業IT業・「販売を追求し尽くす専業ブロガー」
  • 2022年2月15日現在の2022年の累計実績349万円(とあるASP)

【登録free】FX Beyond管理画面にログインするための登録ページ

FX beyondの出金拒否の実態

FX beyondの出金拒否の実態を探るには、実際のユーザーの発言と、利用規約46.3 を見てみるのが一番近道のように思われます。

  • 「FX beyondから出金拒否された」と判断したユーザーの事例
  • 一番問題となりそうなFX Beyondの利用規約46.3について

「FX beyondから出金拒否された」と判断したユーザーの事例

 

全ての出典はツイッターより

アカウントをいくつも作成してボーナスを何度も受け取って取引したら出金拒否された。利益額の削除らしい。自分が悪いと思う。

@rgwAjTPYu4

@FX_kyochin

TwitterでもFX beyondで出金拒否されたとつぶやいている人がいて、出金するまで不安だったけれど・・・最近数百万出金できました

@hanbe_fx

出金拒否されてから、FX beyondのお財布を心配してしまうほど大幅に利益出して出金しました。

@bonbii_FX
·
FXBeyondは出金拒否をしているのか?ですが、ルール違反するような取引をするとそうなるみたいです。私は初回で5,267,830円出金してますんで、少なくても額でどうこうしようとしているわけではないと思います。

新規参入のFX業者がこの額を出すということは、まず信用してもいいと思いました。申請から3時間の着金です。

@takumi_916

申請後、サポートから「ボーナスを不正に利用した取引をした」という連絡があり未だに出金できていない。元金は戻すということらしいが。出金拒否する取引の具体的な例くらい提示してほしい。

@konakijiji_was
·
FXBeyondで取引してたった半日程度で600ドル稼げました。欲を言えばもっとできてかもしれませんが、出金拒否は痛いのでこのくらいにしておきました。

@marukiti_HP

【週報】元金100万円で利益112250円です。 Twitterで噂されているFXbeyond 出金拒否はなかったです。

@torotakuFX

2ヶ月くらい前からFX beyondで取引してて今のところ出金拒否されたことは無いです。理由なき出金拒否の事例はないようなので、今後さらにFX Beyondは伸びると思う

@kappi__chan

ボーナスからみの取引で利益確定1.5対1のトレードで出金拒否ルールに該当すると言われました。

@umetch0305

FXbeyondは数10万円の元金で3ケタの利益を出して無事に出金完了しています。

@BtcCrazycat

FX beyondeの出金拒否の対象になる取引については、例も記載されています。鵜呑みにしているパターンが出金拒否されているパターンが多いのではないでしょうか。

Twitterでは「ルール違反となるような取引を行っていない限り、FX beyondで出金は普通にできる」といった声が多かったように思います。

ユーザーが問い合わせで回答された内容では、「利用規約46.3に違反している」と指摘されるケースが多いようです。

一番問題となりそうなFX Beyondの利用規約46.3について

FX beyondで出金拒否の対象としてよく根拠に挙げられている利用規約46.3について、会員用ログインページに記載されている分を抜粋してみました。

以下FX beyond 会員ログインページの利用規約46.3の抜粋意訳です。

インターネット、接続の遅延、価格フィードのエラーが原因で、オンライン取引管理画面委に表示される価格は、市場のルールを正確に反映していない場合があります。

価格エラーの調査、市場外価格での取引の締結、インターネットの遅延を集合的に利用することは、アービトラージ目的のために取引戦略を使用するという概念に該当し、ユーザーが直接売買するOTC市場では成し得ません。

当社は独自の裁量により、当社のオンライン取引管理、サービス連携したアービトラージの不正利用を許可しません。

価格が反映されるまでの取引や契約は、事前予告なしに裁量によりキャンセルされる場合があります。

また、違法行為の例は以下のとおりですが、これらに限定されるものではありません。

  1. 複数のアカウント間での自己ポジションにおける同じ通貨または相関通貨による両建て行為
  2. アービトラージ
  3. 市場価格の急激な変動のタイミングを意図的に狙った悪意的取引
  4. ボーナスを不正利用したとみなされる取引
  5. 許可なしに第三者のアカウントを使用したり、第三者にアカウントを貸したりすること

また、以下の場合事前告知せずに当社の裁量で権利を行使します。

  • 必要に応じてアカウントに対して変更または調整の実施(スプレッド値の調整を含むアカウントへの変更・調整を含むがこれに限らない)
  • 取引可能な気配値の制限を即時実施(制限なしに手動調整を実施、事前承認なしに提示することも含む)
  • 流動性(換金の安定性)を乱用するユーザーについていかなる時も過去の取引履歴を記録する
  • 書面で通知することにより、当社は同じアカウントの所有者が持つ他のすべてのアカウントを持つクライアントとの関係を終了します。これに限定することなく関連するすべてのアカウントを直ちに停止します。

※利用規約は以下の通り。コピー出来ない仕様になっており、「コピペで翻訳機能にかけるパターンは通用しない」ので、英語ができないと厳しいです。

出典FX beyond

TwitterでFX beyondの出金拒否についてツイートしているパターンを拝見する限り、上述1・4・5が一番よくあり得るのではないかと思われました。

勘違いパターンは1・4・5ではない?

  1. 複数のアカウント間での自己ポジションにおける同じ通貨または相関通貨による両建て行為
  2. アービトラージ
  3. 市場価格の急激な変動のタイミングを意図的に狙った悪意的取引
  4. ボーナスを不正利用したとみなされる取引
  5. 許可なしに第三者のアカウントを使用したり、第三者にアカウントを貸したりすること

ツイートの内容を拝見する限り、「どんな取引がルール違反に抵触するかが詳細にも具体的にも理解不足で、結果的にFXbeyondのルール違反と判定されてしまうパターン」が多いのではないかと思われます。

熊谷ヒカル
ユーザーとしては悪気のない取引ではありますので、結果的に「出金拒否されている」というように見られるのだろうと。

 

ボーナス配布のキャンペーンが大々的に行われていたこともあって、決して利用規約を良く理解して取引したケースばかりではないのだろうと思います。

少なくても利益分を出金できているユーザーもいますし、幸い「元金返還・利益分を削除」のパターンは多いように思われますので、抵触する取引を行わないのが大前提となるでしょう。

FX BEYONDの口座タイプを検証・どの口座タイプがおすすめ?

続きを見る

PAMMとは何か・注目FXを元証券会社勤務 現専業IT業が忖度なしで解説

続きを見る

  • この記事を書いた人

熊谷ヒカル

2017年からインターネットビジネスを始め、いろんなジャンルの特化サイトを構築してきました。


現在はブログ初心者さん向け・同じような志を持つ人に教えながら特化サイト構築を両立しています。


2022年のとあるASPでの実績は349万円(「2022年の累計実績」・2月15日現在)、詳細は下記よりどうぞ。