2019年5月16日グーグルがE-A-Tの緩和とインタースティシャル広告の変更告知・非YMYL系が運用しやすく

更新日:

ヒカルです(^-^)

2019年5月16日グーグルが主に以下の3点についてgeneral guidelineを変更しました。

  • E-A-Tをページの品質として言い換える個所が増えた
  • 非YMYL系サイトについてのE-A-Tについては、YMYL系サイトほど厳格化を要しない
  • インタースティシャル広告サイトについての低品質判定の厳格化

これは同年3月12日に発表されたガイドラインで厳格化された専門性(expertise)・権威性(authority)・信頼性(trustworthiness)についての要件を緩和する公式発表と考えられます。

以前としてYMYL系サイト(your money your life:お金や健康や人生にまつわるサイト)についてはなお厳格化の評価が固持されているのは変わっていません。

一方非YMYL系サイト(お金や健康や人生以外のジャンルを扱うサイト)については、朗報なんです。

この記事では非YMYL系サイトの今後の見通しをよくするために、5月16日に発表されたガイドラインについて要所をお伝えして行こうと思います。

2019年5月16日のgeneral guideline変更点の詳細

グーグルによって発表された2019年5月16日のgeneral guidelineで変更が加えられた3つについては以下の点が焦点になりそうです。

  1. ページ品質とニーズ合致
  2. YMYL系と非YMYL系サイトのEATの取り扱い
  3. インタースティシャル広告への低評価判定

以下ではgeneral guidelineやこちらのサイトでのトピックを元に意訳してお伝えします。

ページ品質とニーズ合致の関係性

このガイドラインではページ品質とニーズ合致の関係性について言及されています。

ページ品質とニーズ合致の関係性:general guideline 15.0 the relationship between the page quality and needs met

ニーズ合致に対する評価はクエリと結果に基づいていますので、クエリとユーザーの検索意図に注意を払って考えてみてください。ページが低品質、他に望ましくない問題がある場合、古くなった情報、不正確な情報、クエリにマッチしない場合などは、ニーズ合致の高評価は下されません。グーグルには高合致の格付けについて高い水準があるのです。ページが有益な目的が欠けている場合は最低品質評価が下されると覚えておいてください。

私が推測するに、ニーズ合致とは「ユーザーが求めていることと、ページが提示している情報がドンピシャで合致している」状態をいうのではないかと思います。

次にお伝えするYMYL系サイトではたとえニーズが合致している可能性が高かろうと、大企業サイトでもない限り高品質評価を得るのは難易度が高すぎると思いますね。

非YMYL系サイトでも、ユーザーの検索意図からずれたコンテンツは小手先でリライトしようとも圏外から浮上することはないと実感します。

グーグルは上位表示の要件に独自の価値提供を要求しているものの、それは飽くまで「ユーザーに有益かどうか」が基準であり、そこから外れる独自の価値提供など評価の対象外です。

「ニーズ合致の評価基準」とはグーグルが言っているとおりかなり基準が高いと思いますね。。

非YMYL系サイトについてのE-A-Tについては、YMYL系サイトほど厳格化を要しない

このガイドラインでは3月12日に発表されたガイドラインに続き、お金や健康にまつわるサイト(YMYL系)に対して厳格なE-A-Tを必要としているという見方は変わっていません。

一方、それ以外のジャンルのサイト(非YMYL系)については、特別に高いE-A-Tを必要とするわけではないと発表されました

それが分かるのがgeneral guide line 11-10にあったページ品質に良くある質問と回答で挙げられていた3つ目です。

ページ品質に良くある質問と回答 :general guideline 11-0 page quality FAQs

Qメインコンテンツを評価するときに専門性について言及されていました。全てのトピックで専門性が必要とされるのでしょうか?いくつかのトピックでは専門性が必要とされないものもあるのでしょうか?

A(国家資格のような)正式な専門性について言及しているわけではないと念を押して言っておきます。

高品質なページは時間・努力・専門知識やスキルや才能があり、その中で(レビューなど)個人的体験をシェアすることは常レベルの専門知識の1つの型です。

特にコンテンツの作成者にとって日常的な専門知識については、メインコンテンツのスキルレベルに基づいて評価されます。

メインコンテンツの作成者が正式または日常レベルの専門知識がない場合、特に害がなければ中程度が適切な評価になりますが、YMYL系のページに関しては特にEATが重要で、この場合のEATは専門性がある人と専門性がない人を分けて評価します。

一方非YMYL系ページやサイトに関しては、ぺージ作成者のスキルレベルが記事から明らかにされていて、作成者に何の害もなければ、特別な専門性を提示する必要はありません。

YMYL系のサイトについては高いE-A-Tが必要なのは変わっていませんが、非YMYL系のサイトについての上の発言は可能性を感じられますね。

またグーグルは2019年3月12日のコアアップデート前後で公表していた「コンテンツ情報と作成者情報を欠くE-A-T」についての記述を今回削除している点に注目したいです。

3月12日のコアアップデート後、ある知人アフィリエイターと話した際に「ウエブサイト上に作成者情報として、住所、連絡先を明記して商売上の実態があることをPRしないと評価されないのではないか?」という話題になりました。

「PRした方がよりよい」だけで、「PRしたとしても特にYMYL系サイトの場合はSEO上で実質効果が得られない場合が多いのでは?」という実感に落ち着いているところです。

実質こうした「コンテンツ情報と作成者情報を欠くE-A-T」がどこまで必要とされていたのかどうかは定かではないですが※、今回5月17日の変更では「非YMYL系サイトではそこまでしなくても評価される」と解釈していいと思います。

 

※YMYL系サイトであっても以下のようなあまりにいい加減な作成者情報を掲載しているサイトが20位くらいに位置しているケースもあったので、”定かでない”のではないかなあと。

インタースティシャル広告サイトについての低品質判定の厳格化

最後に今回のガイドラインで公表されたインタースティシャル広告について簡単に要点をお伝えしておきます。

インタースティシャル広告への低評価general guideline 6.4 detracting ads/SC

インタースティシャル広告を使用したページはメインコンテンツを見るのを難しくしています。この場合低品質評価が下されます。

明確で使いやすい”閉じるボタン”を備えたポップオーバー広告やインタースティシャル広告ページはそれほど目障りではありませんが、ユーザーエクスペリエンスがいいとは言えません。

しかしながら、ページスクロール後に閉じるのが難しい広告や、アプリのダウンロードが必要なインタースティシャル広告は
メインコンテンツを読みにくくしがちです。

そして広告のタイトルや画像がショッキング過ぎるか邪魔な場合も気を散らします。

 

これを言うとグーグル先生に怒られるかもしれませんが、グーグルで提供されているツールで、広告ではないけれど強制的なポップオーバーはよく見かけます。

ヒカル
というのもG mailがリニューアルされたときにlight boxの使用を強制的に促すポップオーバーがしばらく続いて「邪魔だな…」と思った事がありましてね(*´з`)(*‘∀‘)。

広告ではないからポップオーバーがOKとされているのでしょうか?

まとめ:今回のガイドライン変更で非YMYL系サイトは可能性が広がった

2019年5月16日のgeneral guideline変更で非YMYL系サイトは、収益化などの可能性が広がったと言えると思います。

同年3月12日のコアアップデートではYMYL系サイト以外で広範囲にアルゴリズムに変更が加えられて打撃を負ったサイトが多かったようですから、今回のガイドライン変更点は「非YMYL系サイト」にとっては朗報と言えそうですね。

非YMYL系サイト専門性・権威性・信頼性がページで発揮されていれば評価は受けるようですから。

ヒカル
あとはユーザーの検索意図に合致する「needs met(ニーズ合致)」です(^-^)

御質問があれば下記で登録&気軽に何でも質問してくださいね。

上で登録して下さった方にはECサイト初心者が「まず5万円稼ぐためのノウハウをまとめた無料プレゼント」を贈呈しています(^-^)

無料のメルマガ講座&プレゼントとは何か?

ご質問があればご遠慮なくどうぞ。

-SEO関連

Copyright© サラリーマンのアフィリエイト副業 , 2019 AllRights Reserved.