モノレートの代わりになるのは何?

投稿日:

転売実践者には愛用のWEBサイト「モノレート」が2020年6月30日で閉鎖されるようです。

モノレートはアマゾンで販売されているモノの価格・どれだけ売れているのか?がぱっと見で分かる欠かせない情報源でした。

私もかなりの衝撃なのですが、代わりになる情報源を探すしかないです。

この記事ではモノレートの代わりになる情報源のおススメをお伝えしています。

 

なぜモノレートは閉鎖することになったのか?

以下がモノレートのサイト閉鎖の説明です。

「モノレートがアマゾンの規約違反に該当する」という指摘をアマゾン直々に受けていたのがサイト閉鎖の理由のようですね。

転売実践者にとっては貴重な情報源だったわけですが、アマゾン側からすると「規約に抵触するようなデータを掲載しないで欲しい」という言い分があるのもわからなくないです。

ヒカル
私はモノレートをはじめてみた時に、「アマゾン自身が運営しているサイトなの?」と思ったくらいでしたよー

問題はおいしかったモノレートの情報の代わりとなる情報をどこでどうやってとるか?ですね。

 

モノレートの代わりは2つ

 

keepa有料版

モノレートに一番近い情報をくれると思われるのが、KEEPA有料版です。

keepaはアマゾンに掲載されている商品の価格推移を閲覧できます。

blank

 

グーグルクロームの拡張機能として追加し、subscribeで有料機能を活用すると上のようなチャートが活用できるようになります。blank

1ヶ月あたりのコストは150ユーロ。

閲覧できるデータとしては以下の通り。

  • 価格推移グラフ:色やサイズ違いも異なる情報として追跡可能
  • 製品のトラッキング:アマゾンで希望価格が出品されたときにアラートメールが送られます
  • あなたの希望価格に達すると、私達は価格のアラートを送信。デスクトップでの通知も可能
  • バーゲン情報通知

転売は「いくらで購入していくらで売るか?」が収益化の肝なので、1月150ユーロならまずまずといったところだと思います。

 

目利きを自ら養う

転売ではいくらで購入していくらで売るか?が収益化の肝。

その目利きを自ら養う方法が遅かれ早かれ必要になります。

仕入れにコストがかかるので、売れないモノを仕入れてはなりません。

無敗で目利きを養うには、転売の師匠に教えてもらうのがやはり一番いいかと思います。

 

以下は特定の高額商品の転売について、目利きを養うために最適の教科書です。

 

>目利きをサポートで教えてもらえる特定高額商品の転売教科書

 

ご質問があれば以下で登録して何でも聞いてくださいね(^-^) blank 上で登録して下さった方にはECサイト初心者が「まず5万円稼ぐためのノウハウをまとめた無料プレゼント」を贈呈しています(^-^)

無料のメルマガ講座&プレゼントとは何か?

blank ご質問があればご遠慮なくどうぞ。

     内容をご確認いただいてからチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

    -ネットビジネス一般, 効率化

    Copyright© サラリーマンのアフィリエイト副業 , 2020 AllRights Reserved.