これまでになかった方法でアフィリエイト商品を販売する方法・爆発的な売り上げを積み上げる

これからお話しするインターネットビジネスは「これまで語られなかった手法」を使っています。

誰もが利用しやすい媒体で低単価で広告を打ち、自社にとって収益の効率化を最大化していく手法です。
流行廃りのある手法ではなく時代が変わっても通用する普遍的な手法がベースだから、もしインターネットビジネス業界が激変したとしても、痛手を負うわけではありません。

初心者でも扱いやすい最大大手の広告媒体を使っているだけで、広告出稿の本質が会得できる教材です。

そしてこれからターゲットになるユーザー層は購入する気があるにも関わらず、競合はそこに参戦しようとしません

競合は難しいと考えて近寄れないと勘違いしています。

つまりがら空き状態の釣り堀の中で一人悠々と釣り糸を垂らすようなもの。時流の変化に影響されず誰もが使える広告媒体で独り勝ちの環境で収益を積み上げる方法です。

グーグル広告で潜在顧客へアプローチするメリット

これまでグーグル広告といえば、「商品やサービスを今欲しがっているユーザー層(顕在層)」に向けてアプローチするために使われる場合がほとんどでした。

しかし今すぐ欲しがっているユーザー層に多くの競合(ライバル)が群がって過当競争になり、グーグル広告の単価は年々つり上がって赤字になる運用者が多かったのが事実。

顕在層と潜在層にむけてのグーグル広告について少し比較してみると・・・

  • 顕在顧客層へアプローチするのは広告単価が高く、潜在顧客層向けの広告の場合広告単価がリーズナブル
  • 顕在顧客層は競合との過当競争が濃厚で、収益化し難い
  • 顕在顧客層向けの広告は資本が莫大・リソースが豊富な大手がどう見ても有利になってしまう
  • 潜在顧客層向けの配信の型を会得すると、爆発的な収益が見込めて、型をさまざまなジャンルに転用・応用できる

ここでお伝えするのは、「今すぐじゃないけれどいずれ欲しいと思っているユーザー層(潜在層)」に向けて打つ広告です。

このユーザー層は購入意欲が上がり切っているわけではないので、「悩みや課題に気付いてもらうきっかけつくりや、ニーズウォンツを上げるコンテンツ」を要します。

一件これが手間がかかるように思えますが、手間をショートカットするのがこの教材の大きな目的でもあります。

また上とおり潜在層は顕在層よりも圧倒的に母数が多いので、「過当競争になりがちな顕在層に投資していたコスト・時間・労力」よりも少ないリソースで爆発的は収益が積み上がりやすいのです。

 

コンテンツの新規性・この教材の何があなたの現実を変えるのか?

blank

「なんだ…グーグル広告か」

 

潜在顧客を取り込むためのグーグル広告の設定方法


blank

ここでのグーグル広告設定は、収益の効率化のために一般的な方法とは違った手法を取っています

グーグル広告運用者はあまり驚かないで欲しいのですが。

しかしこの手法を取ることでグーグル広告からの評価が高まり(AdRankのUP)、クリック単価(CPC)が下がりやすくなるので「高収益・低コスト」が実現するのです。

潜在顧客層向けのキーワード単価自体が低めではありますが、この設定の仕方で下げられるまで下げ、爆発的な高利益を狙いに行くのです。

普遍的な手法を使っているため、変化の激しいネットビジネスにおいても、どんな媒体にでも変化に適用できる


グーグル広告は常に利用規約や仕様の変更が起こり得る広告媒体ですが、ここでお伝えするのは「変化があったとしても、使い続けることができる普遍的な手法」です。

つまり媒体が変わると応用もできないような小手先の手法を使っていません

「誰でも利用しやすい媒体」としてグーグルを選んでいるに過ぎず、グーグル以外のどんな媒体でも広告出稿ができます。

ターゲットユーザーにささる広告文:安価な広告単価でクリックされる広告文


私たちは日々さまざまなインターネット広告を見ており、その中でどこか「奇抜でガツガツした広告」が目立ちます。

奇抜でガツガツしたイメージを出すことよりも大事なのは、ターゲットユーザーにささるかどうかです。

ターゲットユーザーはどんな言葉に反応するのか?その見つけ方のポイントを誰もが実践しやすいようにお伝えします。

ターゲットユーザーにささる広告文とは言ってみれば、クリックされやすくAdRankのアップを意味しますので、安価な広告単価が実現するという事になります。

反応されやすい記事LPの作成方法


どんな情報をどんな順序で潜在顧客層に浴びせて行けばいいのか、潜在顧客にささる記事LPには反応されやすい型があります。

ここでお伝えするのは汎用性が高く反応されやすい型であり、応用が効かないようなものではありませんので、自分のやりたいような記事LPを実現する自由度は高いです。

運用しながら型を崩し、収益の最大化を実現するためにアレンジすることも可能です。

記事LPの修正を、感覚に頼らずデータで修正する方法


「作成した記事LPから爆発的な売り上げを叩き出す」ためには、感覚ではなく「貯めたデータ」を使って修正を加えて行きます。

感覚に頼って記事LPを出稿することほど恐ろしい広告費の無駄は有りません。

ここでご紹介するツールを使って修正を行えば、なぜ記事LPを修正する必要があるのかが理解できるようになります。

販売商品を欲しがっているターゲットユーザーの発掘方法と分析方法


自社が紹介している商品を欲しがっているターゲットユーザーの発掘は、まず事実を集めることから始まります。

事実を集めるだけの作業ですので、誰でもできるのです。

このターゲットユーザー層は普段どんな悩みや課題を抱えているのかを探り、分析していく方法をお伝えします。

いくつかの項目を提示していますので、この項目に調査結果を埋め込んでいけばターゲットユーザーの分析に十分と言える作業ができることになります。

収益を阻害する邪魔の排除


潜在顧客向けのグーグル広告を運用していると、収益化を阻害するような邪魔が入る事がしばしばあります。

ここでは、阻害要因を排除するための方法と視点についてもお伝えします。

 

グーグル広告を使って潜在顧客にアプローチする方法・爆発的売り上げを叩き出す

blank

この教材の内容の一部をご紹介します。

Contents

①グーグル広告で潜在顧客へアプローチする理由

②グーグル広告による潜在顧客層向けアプローチで収益化が見込めるケース

③潜在顧客と顕在顧客層向けのアプローチ方法の決定的違い

④全体像と手順

⑤商品選定

⑥調査と分析とターゲティング:自社商品に興味関心を持ってくれそうな人の選定

⑦LP制作:一般的な潜在顧客層向けの記事LPの型

⑧出稿前の準備
キーワードの選定
グーグル広告の設定

⑨広告文の作成

⑩広告単価の設定

⑪グーグルアナリティクスの設定やツールの導入

⑫メンテナンス

⑬運用しながらツールを使って調整・修正

⑭記事LPの高速化

⑮【少数派のための補足】狭い潜在顧客だけに商品を知ってもらうためのアプローチ



[wpedon id=343]

更新日:

Copyright© サラリーマンのアフィリエイト副業 , 2021 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。