アフィリエイトで稼ぐ思考法・知らないと損する奥義は柔軟性と横展開にある

投稿日:

ヒカルです(^-^)

アフィリエイトで稼ぐ正攻法ばかり知っていても、「すべての作業の意思決定を左右する思考法」を知らなければブレブレになります。

ここではアフィリエイトで稼ぐ正攻法を強固にする大切な視点として「思考編」をお伝えしていますので参考にしてみてください。

知らないと損するアフィリエイトで稼ぐための思考法

アフィリエイトで稼ぐための思考法では以下5つの視点でお伝えしています。

  • 自分の価値はどうでもいい
  • 続けると分かるさ?
  • 実践にとどまらず「コストをかけた自分の状態を利用」して稼ぐ
  • ビジネスに重要なお金の流れ
  • 1つのサイトを暖め過ぎない

これらは私がアフィリエイトで稼いできた実感から生まれています。

知っているのと知らないのとではアフィリエイトの収益額が大きく変わるかもしれませんので、ご注目を。

価値はユーザーが決めると言う事実

前の記事「アフィリエイトで稼ぐ正攻法」では好き・興味がある・詳しいジャンルを選ぶと続きやすいとお伝えしました。

これは間違ってないんですが、ここが入り口になるとどうしても「興味領域を好きなように詳しく書けばいいんだ!」と勘違いを起こしやすくなるんです。

でもアフィリエイトサイトって面識のないたくさんの人がアクセスしてくれるわけです。

自分の興味領域を好きなように詳しく書いた記事は、友人との世間話や仲良しサロンでもない限りウケません。

アフィリエイト商品がいい!と価値を決めるのはユーザーで、自分の価値観をウエブサイト上で押し付けても無意味なんです。

自分が知らない人が毎日アフィリエイトサイトを見てくださってます。人ぞれぞれほんとに∞いろんな価値観がありますから、「自分の価値観を押し付けた結末として収益ゼロを生む無価値さ」を早い段階で理解しておくほうがよいんですよね。

前の記事「アフィリエイトで稼ぐ正攻法」で平日友人と恵比寿でランチの約束をするOLさんの話をしました。平日午後に仕事がある人にビールをおすすめする記事を用意しても、収益が上がらなくて当然という話。

こういう分かりやすいおバカ事例を挙げると「そりゃそうだよね」って納得しそうな気もするのですが、アフィリエイトでなかなか稼げないでいる人は似たような話を展開してしまっているんですね。

つまりユーザーの検索意図を無視して「自分の価値観はこうだ!」を繰り広げようとしています。

私のメルマガではこの「ユーザーの価値観をどう効果的にアフィリエイトサイトで記事にしていくか」をいつもお伝えしています。奥義ですのでメルマガ読者さんだけにお伝えしてますので、気になったら下で登録してくださいね(^-^)

「アフィリエイトは継続が収益を生む事実」を強烈に意識する

ウエブサイトは「検索エンジンに評価されるのは早くて6ケ月前後」が宿命で、アフィリエイトサイトにアクセスが流れ込むのはそこから先になります。

これに合わせてアフィリエイトは「稼げるかどうかも分からない未来に向かって延々と記事を更新し続ける」という言ってみれば修行のような側面があります。

前の記事「アフィリエイトで稼ぐ正攻法」の中でお話ししたアフィリエイターの月額収入の現実では「稼げていない人はそうした宿命を分かっていないから続けられないし、挫折しやすい」のだとお伝えしました。

アフィリエイト収入の実態調査

出典:日本アフィリエイト協会

検索エンジンの評価がようやく動き出す6ケ月目を待たずして「自分は向いていない」「このまま続けるなんて無意味」などと言うのがいかに無意味かわかるでしょう。

評価されたらアクセスは自然に増えるし、アクセスが増えたらその中から自分のウエブサイトから買い物したい人が一定数で現れますから。

アフィリエイトサイト運営を継続してみてはじめて分かる実感が半年後には必ずある、と意識してみるのをおすすめします。

具体的にする作業は以下のとおりですので参考にしてみてくださいね。

◇6ケ月アフィリエイトサイトの構築を継続して意識したい作業

  1. まず半年はアフィリエイトを続ける
  2. 半年以降は検索エンジンが無料で提供するサーチコンソールやアナリティクスなどのデータを見ながら、記事を微調整して行く
  3. 時間を置いて評価がどう動くか様子を見る
  4. 一番評価されているページについて、何が評価されているのかを分析します
  5. 4のポイントを他の記事でも実践します
  6. 修正した記事について定期的にサーチコンソールやアナリティクスのデータを見ながらさらに修正を加えます。

 

ヒカル
記事を書いたら上の6つの流れを意識して「記事の作成意図が検索意図と合っているか」を確認するわけですねー。狙い通りに評価が上がって行くとほくほくしてきます(笑) 狙い撃ちが評価されたときほどニヤニヤしてしまうものです。

アフィリエイトの新しい情報を得たら二度活用して稼ぐ

インターネットはわずか数か月のうちで激変する世界ですから、アフィリエイトにかかわる以上は常に新しい情報を仕入れておくのが必須です。

私たちはウエブサイトで情報を提供する「価値提供ビジネス」をしているわけですから、稼ぐための仕入れはマスト項目ですもんね。※物販をしているお店が「モノ」を仕入れないとそもそもビジネス成り立たない、という話と全く一緒

そしてインターネットビジネスってユーザーよりも情報量が多くないとそもそも話にならないんですから。

情報を仕入れる方法として教材などを購入する、といった一般的な方法がありますが多くの人は実践で止まっています

この時点で実はかなり損してます。せっかくコストをかけて自己投資したんですからそれをネタにしてアフィリエイトで稼ぐという方法も追及したいところ。

「実践して『自分はこう考えた・こうやって改善してもっと稼げた』と言った情報をインターネット上で発信すればそこから価値が生まれて収益の伸びが期待できます。

自己投資して「自分のウエブ上でネタにしてしまう場合」は情報を利用しているので、ユーザーよりもはるかに情報量が多いし上を行っているんですよね。

「自己投資した自分の状態を利用する」、この感覚がわかればアフィリエイトで稼ぐ重要なコツも分かってきたって言えるはずなんです。

キャッシュフローを生んで稼ぐ感覚を実感する

アフィリエイト初心者の頃はなかなか収益を生み出せないので、「ASPの成果状況を見る気もない・見るだけ無駄・だってゼロじゃん汗」という気にもなってきます。

これは私が実店舗でオーナーをしているからこそ腑に落ちる実感として言えるのですが、「お金は流れ(キャッシュフロー)を意識する」のが大切です。

「お金は天下の回りもの」と言ったりしますが、よどんだ場所にお金は入ってこないんですよ。

これはお金の性質として覚えておくと良いと思います。

 

「情報を分かりやすく整理して価値提供する」のがアフィリエイトで、新しい情報の仕入れは必須、ここで仕入れるためにコストがかかりますが、出て行ったお金は別に形を変えて帰ってくるのです。

それでもアフィリエイト初心者の頃は入ってくるお金がないと実感するケースが多いと思います。

そんな時はASPのセルフバックを活用してみてください。

入ってくるお金の流れが足りていないときに、キャッシュフローを生み出してみると、次の収益が入ってきやすいです。

ヒカル
これはもちろん私の感覚的な実感も含まれています。けれど実践してみると「感覚的なものとしてお金の流れをつくる重要さ」がわかるはずです

1つだけのサイトに依存せず、収益の柱をいくつもつくる

アフィリエイト初心者のころは1つのサイトを構築するだけでも精いっぱいになると思います。

でも以下のように「いずれは一つのサイトだけに依存せず、収益の柱をいくつもつくる」の意識しておくのがおすすめです。

その理由はインターネットビジネスは変化が激しい世界なので「いつ何が起きてもいいように他にも収益の柱を立てるに越したことはないのです。

特にアフィリエイトは正攻法と正しい思考で実践すれば大きく稼げるビジネスの一つと言えますが、永遠に評価を得続けるウエブサイトなどあり得ないので「保険の意味で他の収益源を持っておく」といった上級者向けの思考法を最後にお伝えしようと思います。

スタートから1年くらいたったら、他のジャンルのサイトも手掛ける

アフィリエイトサイト構築から1年たてば、ある程度検索エンジンからの評価も得ている頃です。

けれど1つだけのサイトを温め続けるのはおすすめできないんです。

検索エンジンはいつも「ウエブサイトの順位付けの方法」を変えています。

だから一時高評価を得ているウエブサイトが、いつ低評価を下されるかなんて誰にもわからないんですね。

また、どんなジャンルにも「業界全体の波」があるので、一時業界が賑わっても「突然急激に不景気」なんて話もよくありませす。

こうした意味で一つのアフィリエイトサイトだけを温め続けるとリスクが高くなるので、他のジャンルをテーマにした別のサイトも1年くらい目途に考えておくんです。

また毎日記事を書き続けると、思考のマンネリ化が起きたり、新しくネタを探すのも初めよりは難しくなってきます。

旧サイトの記事作成に週2日、新サイトには週5日時間を拠出するなど時間配分も決めて取り組んでみるとよいでしょう。

アフィリエイトのほかに稼げる収益を探してみる

特に副業希望でアフィリエイトで稼ぎたいと考える人は、初期費用がほとんど必要ないアフィリエイトに魅力を感じていると思います。

インターネットで情報発信し、アフィリエイト商品を販売して行くスタイルは、慣れてくるとだんだんのめり込んできますね。

副業の場合は「子供の教育費を稼ぐ」など具体的な目的もあると思いますが、何もアフィリエイトだけに収入を得る方法を限定する必要はないです。

具体的な目的で「いつまでにどのくらい稼ぎたい」といった目標がある場合は、アフィリエイトだけでなく「似たように自宅でできるパソコンの副業」にも目を向けてみましょう。

二股を推進しているわけでもないのですが、稼ぐ収入源はいくつあったっていいんです。

やってみないと、どれが当たるかなんてわかりません。

いくつか「できる範囲でやってみた副業」を同時に走らせて、うまくいっているものだけ強化するようにすれば、「いつまでにどのくらい稼ぎたい」をもう少し現実的にできると思います。

横展開した副業は決して点と点のままにとどまっていません。

パソコンを使う仕事の場合は点と点がつながりやすいので、アフィリエイトの仕事がスケールアップしていくのを実感できる時がやってきます。

まとめ:アフィリエイトで稼ぐ思考法は柔軟性と横展開だった

アフィリエイトは「経験が強烈な強みになりやすいビジネス」です。

自分を商品にできる感覚をつかむと、初心者はとっくに卒業しています。

1つの考えにとどまらず柔軟な思考を持って恐れずに記事を書き続けましょう

経験は全て自分のビジネスに生かせるので、アフィリエイトに限らずいろんなビジネスを横展開していけるようになります

すると、さまざまなタイミングで「ここで稼げる」といった感覚をつかめるようになるんです

結果的にこの横展開の思考がアフィリエイトでも反映され「多くの人が『このサイトで買い物したい』と思えるウエブサイト」へと育っていくんですね。

つまりアフィリエイトで重要な思考法の共通点をまとめると柔軟性と横展開です(^-^)

まだ実感が湧かないかもしれませんが、ここでお伝えしてきたアフィリエとの正攻法と思考法を実践すれば遅かれ早かれ変化が訪れます。

アフィリエイトで稼げる正攻法だけを知っていてもうまくいかない場合もあるかもしれませんが、「どうやってアフィリエイトサイトの作業を続けるか、その考え方の基礎となる思考法」を知っておくと、あとあとの収益額も大きく変わるはずです。

 

ここではアフィリエイトで稼ぐための奥義をメルマガで配信しています。メルマガの登録と一緒にご質問できますので何でもお問合せしてみてください(^-^)

-アフィリエイト
-, ,

Copyright© サラリーマンのアフィリエイト副業 , 2019 AllRights Reserved.