アフィリエイトにおすすめの本・私が捨てずに辞書代わりにする書籍

更新日:

ヒカルです。

アフィリエイトやインターネットビジネスはこれといった法則が無いようで、成功者はそれぞれオリジナルのノウハウを持っているものです。

しかしその成功者のやり方は非常にオリジナリティが高く、みんなが真似できるものでもありません。

一方アフィリエイトに関する本は、法則が無いと言われる世界から「みんなが再現しやすいような王道的ノウハウ」を抜き出してわかりやすいように解説してくれているものが多いです。

以下は私がこれまで読んできたアフィリエイトに関する本を、「どんな時にどう活用してどんな気付きを得られたか」といった実体験を交えてお伝えしています。

それをご自身の実践に役立てていただければと思います。

アフィリエイトでおすすめの本

以下では私がアフィリエイトスキルを身に付けるために読んできたおすすめの本をご紹介します。

さまざまな本を購入して読んできたつもりですが、1度読んでもういいかなと思える本は処分しています(^-^)

ここでお伝えするのは何度も読み返しては辞書代わりに使っているような重要な本ばかりです。

まずは 「SEO・マーケティング編」と「WEBライティング・コピーライティング編」と分けてお送りして行こうかと思います。

SEO・マーケティング編

  • 成果を出し続けるための王道SEO対策実践講座
  • これからのSEO内部対策本格講座
  • 沈黙のWEBマーケティング

成果を出し続けるための王道SEO対策実践講座・鈴木良治

出典:アマゾン

成果を出し続けるための王道SEO策実践講座(鈴木良治著)は、SEOによるアフィリエイトで成果が出ていない人におすすめな本です。

アフィリエイトスタート当初、ガムシャラにサイトの構築をしてみたものの想像以上にアクセスも集まらず1円も稼げていない、といった誰もがつまぐく壁があります。

そんな時「アクセスが集まりにくく売れるサイトのつくりになっていない」もので、この本はどこに自分のアフィリエイトサイトに欠陥があるのかを確かめるための良書として役立ちます

本の概要は以下のとおり。

☑ 本の概要

  1. ダメなところから修正
  2. 戦略的サイト設計
  3. 正しく伝える技術
  4. 内部対策
  5. ペナルティ対策

私がアフィリエイトをスタートして4ヶ月ほどしてこの本を読んでみました。

SEOフィリエイトで「わからない事があればウエブで検索して済ませる」といった習慣は付いていますが、知識が断片的になっていたので「おさらいの意味での本」として最適でしたね。

2016年に書かれた本ですが、2019年の検索エンジンのアルゴリズムを予言するかのような視点で書かれており、ずっと手放せないSEOのバイブル的位置づけになっています。

2018年3月の検索エンジンのアルゴリズムでこれまでのSEO対策では太刀打ちできないと実感する人が多いと思いますが、この本は「SEO対策の中でも”なお基本としておさえておきたい事項”」ばかりです。

【これもおすすめ】本サイトで一番読まれている超人気記事

ズタズタになるまでやってみたら復活・コアアップデート対策

これからのSEO内部対策本格講座・瀧内賢

出典:アマゾン

これからのSEO内部対策本格講座(瀧内賢)は、SEOのスキルが上がりもっと実力を伸ばしたい人におすすめの本です。

2019年3月に行われたアルゴリズムのアップデートでは「良質なコンテンツを作成する以外にウエブ運営者の未来はない」などといった意味合いのガイドラインが示されました。

良質なコンテンツを用意したと思い込んでも実際に評価されないと嘆くアフィリエイターは多いもので、指摘されてから初めて評価されがたい理由がわかったりもします。

このおすすめの本はSEOによるウエブ運営に少し慣れきたアフィリエイターが気付きにくい盲点を突くような(見逃している)些細な点にも気付かせてくれるでしょう。

以下本の概要となります。

☑ 本の概要

  • これからのSEOに求められるのは何か
  • SEOの本質
  • アルゴリズムの移り変わり
  • 内部・外部対策のバランス
  • メタデータ・h1・h2タグの取り扱い
  • 被リンクの考え方・設計方法    他

私がこの本を購入した2017年の少し前、ブラックハットなSEOが横行し「潔癖なほどホワイトハットに徹するアフィリエイター」も増えた時代です。

内部対策の本格講座の本と言えど、「自社内で戦略的に被リンクを設定する考え方」が一番驚かされました。

ここまで明確に「必要不可欠で関連性の高い自社サイトの自演リンクであれば、問題ない」と書かれているSEOもめずらしく、すがすがしい思いをした…というか脱帽でした。

沈黙のWEBマーケティング・松尾茂起

出典:アマゾン

沈黙のWEBマーケティング(松尾茂起著)は、アフィリエイトで唯一無二のサイトで抜きんでたい!と考える人におすすめの本です。

WEBのマーケティングの本ですので厳密に言えばSEOとはまた少しだけ異なります

SEOがアフィリエイトの技術的な点をサポートしてくれる方法論で検索エンジン向けのノウハウだとしたら…この本で解説されているWEBマーケティングは「”SEOの上に応用として効かせる”高度なテクニック」ですね。

高度ではあるもののマンガ形式で描かれるので頭に入りやすく、ベストセラーになているようです。

以下本の概略となります。

☑ 本の概要

  • ペナルティ解除
  • 本質のWEBデザイン
  • 感情や人間心理に訴えるWEBライティング
  • 弱みを強みに変えるには
  • SNSの活用

私はガチガチなSEOアフィリエイトで上位表示がうまく行きだしたタイミングに、この本をもう一度読み返しました。

読んでみて愕然としちゃったんですよね…「自分が構築しているのってどこにでもあるようなアフィリエイトサイトではないか?」と。

それだったらユーザーは自分のサイトでお買い物する理由なんてないですからね。

オートマティックなSEOだけやってても”たかが顔を知らないアフィリエイターのアフィリエイトサイトでユーザーは買い物するはずがない”と感じさせられ、以下のようなヒントをくれた気がします。

  • 自分のアフィリエイトサイトが存在する意味を、どのようにウエブサイト上で表現していくのが良いか
  • 成約が取れるアフィリエイトサイトは情報だけ羅列していればいい訳ではない
  • このウエブサイトでアフィリエイト商品やサービスを購入したい理由をユーザーに与えるとしたら何か

この本に書かれているWEBマーケティングを実施したらそれはアフィリエイト商品が売れるだろうなあ、けどボーンはここにいない…じゃあこうしてみる?ああしてみる?など想像力掻き立てられるストーリーも良かったですね。

確実に読んだ事は血となり身となりウエブサイトの運営にじわじわ効いてくる、そう思えます。

WEBライティング・コピーライティング編

  • SEOのためのWEBライティング講座
  • 10倍売れるWEBコピーライティング
  • 新しい文章力の教室
  • 禁断のセールスコピーライティング

SEO対策のためのWEBライティング講座・鈴木良治

出典:アマゾン

SEO対策のためのWEBライティング講座(鈴木良治著)は自己流になりがちなアフィリエイトのWEBライティングをしっかり見直したい人におすすめの本です。

アフィリエイトのWEBのライティングは誰からも教わらずにスタートする人が圧倒的に多く、だからたいてい「本当に今のライティングで良いんだろうか…」と壁にぶち当たるものです。

またアフィリエイトは長続きする人が少ないですが、そもそもライティングがレベルアップしたらもっとサイトの構築もモチベーションが上がるほど楽しくなるはずなのです。ウエブサイトの評価は文(テキスト)が命ですからね。

この本はロジカルでわかりやすく「誰も指摘してくれなかったアフィリエイトでのライティング」を見直すきっかけになるでしょう。

☑ 本の概要

  • SEOに強いWEBライティングとは何か?
  • WEBライティングの流れ・編集・校正を着実に進ませる
  • 人が行動を起こすキャッチコピーWEBライティングを効率化するツール

私がこの本を読んだ時はアフィリエイトを初めて1年ほどたったときで、正直「まともにやろうとするとすごく骨が折れそう…」と思いました。

私たちアフィリエイターのWEBの記事は時間が勝負なところがあり、ここまで丁寧に文の校正を行っていたら時間がいくらたっても足りないのではないかと思えたからです。

しかし一度とおしでこの本を読んでみると、WEBライティング技術を一度身に付けると、ライティングの作業の苦痛がなくなります。

ライティングの力を付けたらアフィリエイトサイト構築も面白みが湧くのではないでしょうか。

私のメルマガ講座では、「ライティングはアフィリエイトに大事だけれど、それだけじゃないんだよなあ。もっとやることがある!」といった情報をお伝えしています。

下記で無料で配信してますので登録してみてくださいね。

10倍売れるWEBコピーライティング・バズ部

出典:アマゾン

あの有名なバズ部による10倍売れるWEBコピーライティングは、アフィリエイトサイトで売り上げを伸ばしたい人におすすめの本です。

売上が上がるWEBライティングにテンプレートがあるとしたら何か? そんな重要なテンプレートがあるなら知りたくなりますよね。

この本は「何を言えばユーザーは興味を持って”欲しい言ってくれるか”お金を払うのか」、これをオートマティックに考え、「テンプレートに自社商品の場合のパターンを埋め込んでいく」ような流れになっているので、あまり考えずにWEBライティングスキルを身に付けたい人に向いているでしょう。

☑ 本の概要

  • コピーライティングの基礎
  • キャッチ・ボディ・クロージングのコピー
  • リサーチの方法
  • 実践編

実際私がこの本を手にして自社アフィリエイトサイトで実践しようとすると、いろんな課題が起こるのがわかります。

アフィリエイトサイトで「10倍売れるWEBコピーライティング」に書かれている型を実践しようとすると、以下のように違和感が出てきてしまいました。

1ページ1ページごとに実践しようとすると「完全なるセールスページ」になってしまい、ユーザーが数ページ見た時に「ものすごい売り込み感」が出てしまうのです。

LPのような位置づけのページだけに限定するならなお効果的と言えるでしょうし、セールスページではない読み記事には上述の「SEOのためのWEBライティング講座(鈴木良治著)」を実践した方が適切と言えるかもしれません。

正しい文章力の教室・唐木元

出典:アマゾン

新しい文章力の教室(唐木元)も、WEBライティングで自己流で突っ走って時間を膨大に消費しているようなアフィリエイターにおすすめの本です。

この本は音楽メディアであるナタリーの編集者が解説してくれるプロの文章技術であり、質を向上させながら短時間で書くスキルが身に付けられるようになります。

本の帯に「文章を書きながら考えていませんか?」とありますが、ドキッとしちゃいますよね(^-^;

「え?書きながら文章を書いちゃダメなの?」って思うし、そうしているとまずい書き方をしてるのかなという気にもなってきます…そう、そんなアフィリエイターのための本なんです。

☑ 本の概要

文の基本
応用編

私はアフィリエイトで1ページ仕上げるにも時間がかかってしまっていた時期があります。

本をとおしで読んだおかげで記事作成が短時間で済むようになりました。

「文の構成を考えずに書き出すなんて地図を見ないで出かけるのと同じ」と説明されていますが…

自分の場合「見出しも付けてページ作成をスタートしている。いったい何がアフィリエイトページ作成で時間を消耗していたのかなかなか気付かないままだったので、この本は「WEBライティングのレベルを維持しつつ時間を短縮させるために」役だったような気がします。

禁断のセールスコピーライティング・神田昌典

出典:アマゾン

禁断のセールスコピーライティング(神田昌典著)は、正直度肝を抜かれました。

さまざまな業種のコピーライティングを「紙媒体の広告」の場合で紹介されているのですが、WEBでも十分通用すると思います。

「どうやってダイレクトメールを開封してもらうか?」がすさまじい程考え抜かれており、「これはメールマガジンでも通じるところがあるよなあ…」と思いましたよね。

ヒカル
神田さんのコピーライティングが(いい意味で)あまりに一般的な常識からかけ離れており、うーんこれを自社アフィリエイトサイトでやるとどうなっちゃうんだろうなあ。でもやってみたい気もする(笑)って衝動に駆られるのです

補足】ゼロ・堀江貴文

出典:アマゾン

ゼロ(堀江貴文著)はインターネットビジネスの頂点に上り詰めた人がどんな人生を送ってきたのか、どんな考えで仕事をしているのかを知る貴重な本です。

これといってにアフィリエイトへダイレクトに参考になるような点はありませんが、私は堀江さんほどインターネットビジネスに対する考え方に共感できた人はいません。

特別に才能を与えられた天才かと思いきや、猛烈な努力家だったんですね。

努力家というとかなり語弊がありそうで、言い換えるとしたら「なりたい自分に近づくために必要なスキルは”何としてでも手に入れる”」というような人なんですよ。

ビジネスは没頭して経験をつみ、そこから試行錯誤して生まれてくる。のめり込むという過程なしに仕事が好きになるとかスキルが上がるということはない。

と堀江さんから言われると、「ああ、堀江さんからそう言われると救われる気がする…いい本に出合ったわあ…」と思う訳です。

まとめ:アフィリエイトにおすすめの本の本質は地味

私がアフィリエイターとして読んできたのはどれも「本質を解説してくれている本」です。

アフィリエイトでなかなか成果が出せない時ほど本質が欠けた状態になっています。

ゴリゴリな裏技を使ってでもアフィリエイトで一時稼ぐのはできるかもしれませんが、長く収益を生み出すアフィリエイトサイトにはそれは通用しません。

地味とも言える本質を自分の中に淡々と取り込んでいけば、本物のアフィリエイターになっていけます。

これ以外何もありませんから、諦めて熟読しスキルアップしましょう(笑)(^-^)

それでもアフィリエイトにはもやもやとした疑問や不安があって当然。

本はヒントを与えてくれますが、「自分が実践しているアフィリエイトがよい方向性に向かっているのかどうか」は教えてくれません。

方向性が合っているのかわからないまま放置していると時間だけ過ぎていき、「アフィリエイトを始めてから〇ヶ月経っているのに全然稼げていない」といった目に合います。

私が思うにこれが一番のネックになるところなのではないかと…せっかくアフィリエイトを始めようとしたのに、なんだか残念過ぎますよね。

下でメルマガに登録&質問して下されば、惜しみなくアイデアを出しますので、質問してくださいね。

-アフィリエイト

Copyright© サラリーマンのアフィリエイト副業 , 2019 AllRights Reserved.