アフィリエイトのモチベーション・目の前の作業だけに集中すれば上がるし続く

更新日:

ヒカルです。

アフィリエイトでモチベーションが続かない、

うまく行かなくてどうもモチベーションが下がってきた、

なんて感じていませんか?

ここではアフィリエイトでモチベーションを上げる(持ち続ける)のは、プラモデルに熱中して没頭して行く男の子に似ている、といった分かりやすい例でお伝えしています。

プラモデルにのめり込んでいく男の子は他人から「没頭しろ」と言われたわけじゃありません。

大人がモチベーションを持ち続けてアフィリエイトに取り組むのも、”プラモデルのようにパーツを組み合わせて行く作業”に没頭して行くような作業と似たところから生まれるのです(^-^)

グサグサ刺さる発言をしていますが、何のこともない「私自身の実感」から生まれたものであり「自分自身がダメダメアフィリエイターだったときにモチベーションが下がりまくっていたから言えるだけの話なんですよ。

まずはどのようにアフィリエイトでモチベーションが下がっていくか、から見て行きましょう。

アフィリエイトでモチベーションが下がっていく背景

アフィリエイトは

①誰でも始められる敷居の低いビジネスでありながら、

②収益を得るまでに(個人差があり)時間がかかります。

 

あたり前過ぎる話で当然みんな経験がないままアフィリエイトを始めるわけですが…

敷居が低いスタート地点からすると、収益が上がるまでに見当もつかないスケールが広がっていることを想定できない、

「そんなに大変だと思えなかったんだけど、それをどこか認めたくなくてどうにか楽であって欲しい」と願っている自分がいる、

来る日も来る日も1円も稼げずにどんどんモチベーションが低下して行く、

こんどは頭で「自分はアフィリエイトで稼げない」といった言葉を呪文のように唱え始めて、「自分の可能性にわざわざ鍵をかけてしまっている」。


つまり①から②に行くまでにとおる「経験をつむ過程」に光を見いだせずに堪えられなくなる。

これがアフィリエイトでモチベーションが続かない背景にあるのではないかと思うのです。

「稼ぎたいのはやまやま、けどアフィリエイトに面白みを感じられない」 にあるもの

もう一度お話しするとアフィリエイトは

①誰でも始められる敷居の低いビジネスでありながら、

②収益を得るまでに(個人差があり)時間がかかります。

①から②へと行き着くまで 未経験な作業ばかり取り組む必要があるので、当然「うまくいかない・何をどうすればいいのかわからない」といった壁がいくつも表れるのは確かです。

 

ちょっと視点を変えて「経験したことがないことの例として男の子がプラモデルをはじめる」を例に挙げてみましょう。


男性だったらプラモデルを手に入れ「プラモデルの箱に印刷されている完成形」を夢見て没頭し、時間を忘れてのめり込んだ経験があるはずです。

プラモデルはみんな未経験からのめり込んでいきますね。

バラバラだったパーツを組み立てて、時間が経つのも忘れ夢中になって「完成形に近づいて行く」そうして男性はプラモデルが大好きになって行きます。

ここには間違いなく「このパーツを、ここにくっつけたら、こうなるだろう」といった「仮説・実践・試行錯誤」があります。

小さなパーツを組み合わせて、少しづつ完成形に近づいて行く「目の前の作業」に集中して話しかけられても気付きません。

間違いなく男性は「プラモデルという形が見えやすい遊戯」に刺激(仮説と実践と試行錯誤がうまく行く)と報酬(完成形を生み出した結果)を見出してのめり込んでいくはずです。

プラモデルだってはじめは「接着剤を手にくっつけて”指と指が離れなくなった”」なんて失敗はしょっちゅう起こるし、はじめから精巧に完成形を作り上げられるものでもないです。

つまりうまく行かない壁も乗り越えて試行錯誤し「自分で勝手に面白さを見出す能動的な作業」がプラモデルにはあります。

能動的な作業が積まれて経験になり、プラモデル好きの少年のモチベーションは大きな豪華客船を完成させるくらいのレベルにまでなりますよね。


言ってみればアフィリエイトに面白みを見いだせずモチベーションが上がらない続かないのは、プラモデルで言う没頭が圧倒的に足りていません

没頭が不足しているから、経験も積まれないし、アフィリエイトサイトという「何ページもある充実したサイト」が出来上がるだけのモチベーションも湧きおこらない、それだけのことです。

プラモデルも、アフィリエイトサイトも所詮小さなパーツを組み合わせて、時間をかけて完成させていくと言ったところは変わらないでしょう。

1ページ1ページ(小さなパーツ)追加して行くという作業が積みあがって、充実したアフィリエイトサイトが出来上がっていくものだからです。

ここではメルマガ登録して下さった方にアフィリエイトで稼ぐためのお宝ノウハウをメールマガジンで配信していますので、「充実したアフィリエイトサイト」を目指す人はどうぞ。

そもそもアフィリエイトにモチベーションを見つけるのは、自分以外にありえない

プラモデルをする男の子は面白みを他人から教えられているわけではなく、「自分で勝手にのめり込んで」はまっていき、強烈なモチベーションが生まれて、勝手に面白みを見つけて没頭していきます。

好きなものを見つけたときの男の子のモチベーションといったら大人が止めようのないくらいレベルなのは大人の男性が良く知っているでしょう。

ここには「目の前の作業に集中・没頭」があるんですよね。

アフィリエイトでも仕事でも「目の前の作業に集中・没頭」すれば、そこに面白みを感じられてモチベーションが継続するようになるとわかってきます。

もう一つ分かりやすい例を挙げると、ロールプレイングゲームが挙げられます。


出典:freegame-mugen.jp

ドラゴンクエストのようなロールプレイングゲームは、レベルが低いほどスライムのような”いたずら程度の攻撃をしてくる敵”を相手にして(経験)、戦いに慣れてゆくゆくハーゴンのようなボスキャラを相手に「勇者」へと変わって行きます。

このときレベルが上がるほどモチベーションも上がってロールプレイングゲームにはまっていきます。

つまりいくつものステップとレベルアップと、戦いという経験の場がない限り絶対にボスキャラと戦えるレベルまでにならないです。

もてない男性が恋愛のノウハウ本を100冊読んだとしても、いきなりモテ男になるはずがない。いくつもの失恋(経験)があって素敵な男性に変わって「恋愛で自信がつき、仕事のモチベーションも上がる」のも同じです。

経験がなければ強くなれない、これはもうどうにもごまかしようのない事実で、アフィリエイトだってすぐにうまくできるはずもないんです。

ここまで分からないことがあれば何でも聞いてください&下記でご登録くださいね(^-^)

>メルマガ講座登録&ヒカルに質問

アフィリエイトのやりがい

プラモデルを完成させるのが面白み、仕事に置き換えるならやりがい、人生で置き換えると生きがいとか、そういった言葉になりますね。

下はツイッターでシェアされていた生きがいについての説明図で、今となっては誰が作成したのかも分からず、出展は不明です。

モチベーション改革 尾原和啓著
に挙げられれいた生きがいの概略図

■生きがいは「情熱・専門性・天職・使命」からつくられる

得意好き情熱
お金を払ってもらえる専門性
必要とされる天職
好き役割や使命

上の生きがいの概略図は、情熱と専門性と天職と使命からなっていますが、仕事そのものを意味しているといって良いでしょう。

アフィリ初心者
やりがいを感じられる仕事は「情熱・専門性・天職・使命」…仕事にやりがいを、人生に生きがいを見つけるられたらどんなにいいか…。あ、だからアフィリエイトもモチベーションないのか?

なんてつぶやく人がきっと多いと思います。

プラモデルに没頭する男の子のように「『小さなパーツ』を組み立てるような作業である『1ページ1ページの完成=目の前の事』をはじめに越える目標に設定してみるとどうでしょう?

「1ページも完成させた経験がないんだよ」といった場合は、「1個の見出しをつくり、その見出しに相応しい内容を200字程度考えてみよう」といったような小さな目標を立ててみるんです。

この小さな目標を細かく設定すると、自信が1個1個積み重なります。

次第にアフィリエイトサイト作成の1個1個の単純作業がやりがいと変わって行くのを感じられるはずです。

 

例えばこんなかんじで…

アフィリ初心者
初めはパソコンのタイピングが早くもなかったけれど、3ヶ月アフィリエイトを続けたらタイピングも早くなっていって記事の完成が早くなって嬉しい。いや…もっと効率的にアフィリエイト記事を完成させるコツはないかな?

このようなそんな単純な作業と試行錯誤の中に「勝手にのめり込む・没頭する」があります。

このアフィリエイト初心者がのめり込んで1年経過すると…

アフィリ初心者
あ、パソコン2台にしたら、1台でインターネットの検索をして、もう一台はワードエクセルの編集用に使える。こうしたらもっと効率よいアフィリエイトの作業ができるんじゃないかな?

こんな「ワンランクも10ランクも上の試行錯誤」が生まれてきます。

単純な作業に没頭する・のめり込む・ここからはじめたらアフィリエイトでモチベーションは自然に湧きおこってくるものです。

つまり没頭からモチベーションが湧く、に変わって行くのです。

ぜったいに経験がないと10ランクの試行錯誤は起こりえないし、そもそも没頭がない限りアフィリエイトのモチベーションも湧きおこるはずがないですもんね。

モチベーションが続くとか、上がるには、没頭がないとそもそも成立しにくく、それは他人が変わってくれるモノでもない「自分にしかできない体験」です。

アフィリエイトのモチベーションは自ら上げるしかなく、その前提として没頭が不可欠であり、没頭には「まず目の前の小さな作業に集中して小さなステップをいくつも超えて行く体験」が不可欠。

はじめてのアフィリエイトサイトを全くいじってないのに「月収100万」などと意気込むと失敗します。

レベルがそこまでないのに難易度の高いところを目指そうとしているからです。

まず目の前の小さな作業」とは何かを次にお伝えして終わりにしようと思います。

「いくつもの小さなパーツ」の組み合わせがアフィリエイトサイトでしかない

アフィリエイトサイトは、いくつものページがたまっていかないと、見向きもされません。

ちょっと想像してみて欲しいのですが

あなたが飲食店らしき場所に入ってみたものの、テーブルも椅子もない、キッチンもない不完全なお店だったら、「あ、間違えたのか」と思うでしょう?

インターネットで検索したサイトが2・3ページしかない「空っぽに等しい状態」だったら、どうでしょう?

体裁の整っていないアフィリエイトサイトのまま「収益が発生しない」と嘆いても、「不完全な状態だから『間違えてサイトを開いた』と思われるに等しい」と気付きます。

アフィリエイトサイトも、ヘッダー画像、グローバルメニュー、サイドバー、自己紹介ページ、投稿した1ページ1ページ、すべての小さな組み合わせが「ちゃんとしたサイトなんだな」と認識させる要素となります。

「ヘッダー画像、グローバルメニュー、サイドバー一つ一つをまず完成させる」のを目標にしてそれだけに集中する、この1個1個の作業をつなぎ合わせるのが「没頭から生まれるモチベーション」そのものです


目の前の作業だけに集中するので、

アフィリエイトに不安なんて不要です。

ただ「目の前の作業に集中するぞという没頭」が足りないだけの話なんです。

また、「目の前の作業に集中する」といったところとは対極的な話になりますが「目の前の収益確保だけにとらわれているとモチベーションは下がりやすい」です。

目の前の作業に集中するのですが、「アフィリエイトでなぜ収益を伸ばしたいと思っているのか」の自分なりの目標があるのとないのとではかなり違ってくるものですからね。

収益を高めた先に「家族のために家を建てたい!」でも何でもいいです。

お金を稼ぐだけに意識があるとなかなか人間ってモチベーションに限界があるものだと知るのも必要です。

まとめ:目の前の作業だけに集中すれば、モチベーションは上がる

アフィリエイトはまず目の前の作業に集中する、

終わったらもう一つの作業に集中してみる、

終わったら別な作業に没頭する、

これを繰り返していたら、モチベーションは自然と上がってくるはずです。

他にどんな理屈をこねようとしてもこれを避けては通れない、そんなお話を経験からさせていただきました。


とは言え(笑) なかなかそう言ってもモチベーション続かないんだよねえ~って場合が多いと思います。なぜってアフィリエイトって所詮一人で黙々とやるだけで、会社員の仕事のように上司からチェックが入るわけでも何でもないですもんね。

私のメルマガ講座では「ダラダラしてたアフィリエイトがメルマガのおかげでやる気湧いてきました」と言っていただくことが多く、モチベーションアップにもお役に立てるかなあと思います。

ご質問があれば以下で登録して何でも聞いてくださいね(^-^) 上で登録して下さった方にはECサイト初心者が「まず5万円稼ぐためのノウハウをまとめた無料プレゼント」を贈呈しています(^-^)

無料のメルマガ講座&プレゼントとは何か?

ご質問があればご遠慮なくどうぞ。

 内容をご確認いただいてからチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

 

-アフィリエイト

Copyright© サラリーマンのアフィリエイト副業 , 2019 AllRights Reserved.